新着Pick
499Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
うわ〜っ、恐れ入りました。FPV(一人称視線)ドローンレースをマリオカートの世界で実現するIoT+AR。ぼくにとっての任天堂はゲームや花札より、ラブテスター、ウルトラハンド、ウルトラマシンなどモノづくり会社のイメージが強く、これはそれがゲームと融合した感じ。ファミコン(家庭)、ゲームボーイ(モバイル)、64(3D)、wii(身体)、Go(屋外)。長期間にわたりイノベーションを生み続けています。
人気 Picker
これはすごい.ARをきっちりと仕上げてきている感.ゲームやっている本人も楽しめるし,傍から見ている人たちも楽しめる.
問題は,家族でレースしたいと思ったら,本体とこのキットを2つずつ用意しなければいけないところ...
えっ、これ凄い!!任天堂はやっぱり特別だよな。絶対楽しい!
これは面白そう。
作成したコースをオンラインで共有して、それぞれのユーザーが同じコースを作成、離れた場所でオンライン対戦といったことも、やろうと思えば出来るのかも。

現実のカートにゲーム内の結果を反映させる仕組みはあるかもしれませんが、マリオーカートというコンテンツを持つ任天堂であるから、より面白く、万人に向けたゲームに出来るのかなと思います。
■褒めポイント
・ぱっと見、すごく面白そう。技術的にもすごい、と感じる。
・ARゲームとしては完成度も高そう。

■懸念
・ただ、日本でこれを目いっぱい楽しむには部屋が狭い家が多そう。
・部屋が狭いせいでコースのバリエーションを増やせないというのは結構痛いとは思う。
・拡張性がどれくらい担保されるか?は気になる。例えば、4か所しかチェックポイントが無いが、これをさらに8か所とか16か所まで増やせるとか。体育館など借り切って大会開いたりすることもできれば素晴らしい。
任天堂はこういう「夢の遊び」をどんどん現実化していて本当にすごいなぁ。新しい遊びをどんどん創造しようという企業カルチャーが根付いている。

しかし東京の狭いマンションで楽しめるのだろうか……。
おっさんなので、ARアイスクライマーとかARボンバーマンを作ってほしい。
そしたら、小学生のころのように、周りのおっさん同士で取っ組み合いがけんかになると思う。
このマリオカートは凄い!
ラジコンの感覚とゲームの面白さを融合させたような
絶対にやりたくなるに決まってます笑
なるほどこれは面白いですが,結局画面を見てゲームをするんですかね.
家をレース場にできるっていうのが一つの魅力でしょうが,一度家の中をスキャンしたら使えるみたいなものでもいいのかなと思ってしまいました.
これはすごすぎる!
ARという技術をこうやって遊びに変えるのか。
本当に任天堂の出してくるものは天才的。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.62 兆円

業績