新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ダウは-2.8%でしたが、S&P500が-3.5%、ナスダックが-5.0%と、より下げが厳しかったです。ハイテクの下げがメインで、エヌビディアが-9.3%、アップルが-8.0%… テスラ株はこの3日で18%の下落で、1日に発表した増資の希薄化影響をはるかに上回る下げとなっています。

高値警戒からの調整との見方が多いですが、今日もう一つ目をひいた指数は、昨晩の新規失業保険申請者数。もちろん下がってはいるのですが、季節調整方法の変更が主因で、季調前ベースでは、カリフォルニア 州などで増加しています。
恐怖指数と言われるVIX指数も6月のレベルまで急上昇しています。
それでも、調整後には再度上昇に転じそうですが、政府の支援策も先が見えてきただけに、徐々に警戒感は増していくかもしれません。
>新型コロナウイルス感染拡大で停滞した米景気の回復が遅れるとの懸念が強まり、売りが膨らんだ。

理由はこじ付けで、これまで一本調子で上がってきた株価の利益確定の意味合いが強いと思います。日本の市場もコロナ前に株価が戻ったし、確かに一服必要って感じでしたので。
大統領選挙を控え、この先いくつか利益確定の節目はあるかもしれません。まもなく始まるクリスマス商戦の行方、その前の感謝祭明けブラックフライデー、翌週のサイバーマンデーの消費動向も注目です。

衣料品などこの時期に1年の3分の1くらい買い込むアメリカ人も少なくなく、コロナ禍の中ではオンライン購入がさらに増えるのではないでしょうか。

その意味では物流がさらに滞ることも予想され、クリスマスプレゼントが年明けに届くことも考えられます。
転換点だったとすれば、Teslaの増資がキッカケだったかなぁと感じる(後述)。

これだけ強かったから、下がったら買う人がいるかもしれない一方で、みんな「音楽が鳴り続けているから踊り続けていた」だけという見方もある。そしたら当たり前だが、出口は混雑する。

Teslaの増資前、8/27時点のPickが①、9/1時点のPickが②。上がり続けていたり、上がり続けていて時価総額が上がっているのに、取引量が時価総額に対して1割以上。おまけにマスク氏が大量に持っているなどで浮動株ベースでは売る人がいない状態。
③が増資時のPick、今後の需給がポイントとコメント。当日は約1%の希薄化に対して-4.67%。では、現在の状況はというと8/31の終値(終値ベースで上場来高値)-18.3%。ただそれでも7月末よりは+42%。ただ取引量が増資発表以降減ってきている。それでもまだ一日1億株近く売買されているので十分な流動性があるが、ここが閉じてくる(買う人がいなくなる)と変わる。
株価が上がればファイナンシングするという当たり前のことだが、実際にされると意識されていくし、それでバリュエーションはやはり重要だよねとなるともっと変わる。次はPSR数十倍となっているSaaS系企業で大型のファイナンシングが出てくるかとかもキーだと思う。
最近SPACによる上場ラッシュだが、みんな音楽が鳴りやむ前になんとか出口にたどり着こうとしている。それは未上場だけでなく、上場企業も一緒。まぁとはいえ、相場は音楽がやむと思ったらまた鳴り出し始めることもあるから難しいのだが…

https://newspicks.com/news/5178966
https://newspicks.com/news/5191226
https://newspicks.com/news/5193599
https://finance.yahoo.com/quote/TSLA/history?p=TSLA
まぁ、コロナの底値から5ヶ月ちょっとで、メガテック中心のナスダック100指数は80%位あげてるからこうした調整は全く不思議ではない。このペースで上げ続けると、来年末頃には全世界の株式時価総額の過半を米国テックが占める事になるし流石にあり得ない #米株
今までが上がりすぎていたのでしょう。

3連休前の利益確定売りが増えたものと思っています。

そもそもがバブル相場だったので、これを機にはじけるか、それとも一過性の下落なのか?

市場にマネーが溢れていることを考えると、一過性だと思っていますが・・・。
日本市場も下がっていますね。
コロナ前の水準を回復したということで、しばらくは調整が入るのは当然だと思います、株価上昇が一本調子でした。

実態経済は、じわじわと悪化している筈です。特に心配なのは、個人消費です。アメリカでは、これから感謝祭が終わるとクリスマス商戦になりますが、このままの失業率状態だと、かなりの落ち込みが予想されるのではないかと。
【経済】10日ほど前にバフェット指数が180を超えているのを見て、下記記事のコメントで「いつ調整があってもおかしくないな」と書いて、一旦ほとんどのポジションを解消していたのだけど、なかなか調整が起きないので「これは早合点だったかな?」と思い始めていた。が、やはり調整はやって来た。今日の東京市場、とりわけ最近活況を呈していたマザーズは大きく下げる可能性がありそう。

東証続伸、半年ぶり高値
https://newspicks.com/news/5173994/
コロナショック、トランプ大統領のコロナ無策によるショックを拡大した。
にもかかわらず、アメリカの株価は高まり、バブルの様相を呈している。
この調整局面は、たとえばより多くの資金を供給してもすでに投資家も危ないと感じ、株式市場から逃げようとする。
今のアメリカ証券市場は非常にリスクが高いと思われる。
もうはまだなり、まだはもうなり。相場格言は嘘をつかない