新着Pick
123Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験がこれだけ早期に結果が出る見込みなのは、臨床試験が行われている現場でそれほど早く被験者が集まり、同地域で大規模な感染流行が続いてることの裏返しでもあります。

比較対象として、SARSやMERSでは、感染流行の収束により臨床試験を完了し得ませんでした。

トップランナーの数社からは、遅かれ早かれ年内に臨床試験結果が発表されるのではないでしょうか。ただしこれは、あくまで数カ月までの有効性を示す結果となることには注意が必要です。臨床試験が今夏にスタートしているので、一年後の有効性は来夏まで分かりえません。
ワクチンといっても、実際には遺伝子を我々の細胞に入れてコロナの表面蛋白を作らせるという遺伝子治療です。このような、いまだかつて人類の多くが殆ど経験していないような治療について、その長期的な安全性を調べる試験をさっさと済ませてしまう(と思われる)傾向に危惧を感じます。投与の対象が高齢者ならばいいでしょう。しかし、長い未来のある健常な若者に投与対象を広げるのであれば慎重を期すべきであると考えます。
ホンマかいな?