新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今春、パソナが事務局を務める「全国くにうみ漫画ワールドカップ実行委員会」の審査委員長として淡路島に伺い、テーマパーク「ニジゲンノモリ」や「ハローキティ」レストランなども見学してきました。ここまで力を入れているとは。驚きました。
働き方改革で個人が地方に移住する話はよく聞きますが、上場大企業が創業者とともに移るのはインパクト大です。困る社員もいるだろうけど、こういう判断と実行ができる会社があることは光明だと思う。船上に本社という考えも刺激的。移動するオフィス、設計してみたい。
【経済】実際に兵庫県の産業立地条例に基づく支援措置制度を利用して、設備投資補助金や税の減免措置を申請して認可されたことがあるけど、この制度は企業にとってかなりありがたい制度。パソナは今回の淡路島への本社移転でフルパッケージでこの兵庫県の支援を受けることになるのではと推測する。この他に受入側自治体が独自に補助金交付や税の減免措置を行っていれば、さらにメリットはあるはず。

兵庫県と淡路島の自治体にとっては、法人事業税、不動産取得税、固定資産税、住民税などの税収増が見込めるという中長期的なメリットもある。

産業立地条例に基づく支援措置
https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr03/sr03_000000002.html

今回の本社移転をめぐっては色々な批判があると思うけど、その中でも特に気になったのは、暗黙のうちに淡路島を「僻地」と位置付けて、「何でそんな僻地に本社を…」とか、「(僻地に)強制移住させられる社員がかわいそう」という意見が見られること。東京をはじめとする大都市圏から離れることを暗黙のうちにネガティブに捉える考え方を改めない限り、「地方創生」など絶対に無理なのだと思う。

歴史を紐解いてみれば、現在の神戸や東京だって「京の都」から見れば僻地だったわけだが、野望と志のある人間がこれを大きな都市へと変えた。パソナという企業には賛否両論があるだろうし、淡路島の住民にも色々な感情があるだろうけど、個人的には今回の取り組みがどうなるのかじっくりと見てみたい。
すでに多くの社員の方が淡路島への異動を希望しているようだ。住宅などに関してもかなり計画されている様子。将来、船の上に本社を作る夢は叶うのか。これは楽しみ。
「来たくない人もいるだろうが、手を挙げている人がめちゃくちゃ多くて。独身者を想定していたけど、家族連れも多い。」

具体的にどれくらいの人数が手を上げたのだろう…

この話題は、社員の方がどう思っているか知りたい、それに尽きます。
淡路島ってどこの選挙区なんかな、と思って調べたら西村康稔の選挙区なんですね。。。
本社人員がスリムになったところで本社機能を再び東京に戻す戦略?
淡路島が第一学区と言うことを初めて知りました。
いいですねぇ
株式会社パソナ(英称:Pasona Inc.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く株式会社パソナグループ(英称:Pasona Group Inc.)の完全子会社。同グループの中核企業。日本人材派遣協会会員。 ウィキペディア
時価総額
803 億円

業績