新着Pick
325Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「中国のサプライチェーンは世界最強」というのは、中国では何でもつくっている、何でも発注できる、ということでしょう。そして、そのような国は、今や中国しかない、ということでしょう。素材からパーツ、ソフトウェアまで中国ではオーダーメイドが可能で、日本企業も含め、中国に生産拠点を置くのが最もコスト・パフォーマンスがよいのは自明の理、というふうにもはやなっているのでしょう。
 巨大な市場、膨大な労働人口、豊富な人材、教育水準、そして安定した政府が、中国のサプライチェーンをつくりあげてきました。米国も日本ももはやそのような、何でも調達できるサプライチェーンを持つ国では無し、インドやベトナム、インドネシアがそういう国になることも考えにくいです。
 トヨタのように、タイを中心に系列のサプライチェーンを築き上げた企業は、例外でしょう。ほとんどの企業は、日本企業であっても、中国のサプライチェーンと関係を断つというのは、容易な選択ではないでしょう。
 世界でもトップのシェアを持つ企業、たとえば台湾のフォックスコン・ホンハイ(富士康・鴻海)は、米国政府と台湾政府の強い政治的要請もあり、中国にある最大の生産拠点をメキシコに移すことも検討しています。しかし、企業としての収益から見れば、合理的な選択とは言い難いでしょう。
こういうニュースを読む時は、もう一段高い視座も踏まえて考えたい。

「G7を構成する主要先進国が指導力を失い、G20も機能しなくなる“Gゼロ”の世界へと時代は突入しつつある。このようなリーダー不在の“Gゼロ”の世界では、地政学リスクを理解することが企業にとっても必要不可欠となる」

このGゼロの概念は、まさに。
是非読んでみてください。
「Value Report:Eurasia Group GZERO SUMMIT JAPAN 2018」
https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/prmagazine/value-navi201902/gzero.html
アップルについては、中国を中心とするサプライチェーンの移転が容易ではないことがここ数年でわかってきました。部品の集約、組み立てだけでなく物流の拠点などトータルのネットワークはそう簡単に移転できないでしょう。

WIREDの記事が強みと弱みをわかりやすく解説しています。
https://wired.jp/2020/06/20/china-future-of-apple-3/

実際アジアの他国に小規模ながら技術移転しても、現地スタッフへの教育、完成品の精度などに問題が起きていたという記事を読んだことがあります。そうなるとmade in USA を声高に訴えるトランプ大統領の言葉は虚しく思えます。
絶好調なのは、中国に依存するサプライチェーンを築いてしまったためであり、医療関係は特に中国からの輸入に頼らざるを得なく、中国の貿易が安定的に数字を上げることのできる要因でしょう。

但し、その現状を良しとしないのがいわゆる「デカップリング」(中国外し)で、生産工場を中国からベトナムなどに移す動きは実際に加速しています。

どっちみち、中国の人件費も上がってきたし、今後は「世界の工場」から人口の多さに起因する「消費地」としての魅力が増えていくと思ってました。(実際は米中対立でどうなるんでしょうか…)
コロナ発生前は世界的に「中国の生産拠点をより賃金の安い東南アジアに移管させる」動きが加速しておりました。

上昇する中国の賃金に加えて、米中貿易戦争による中国製品に対する関税処置などでより安く製品を作れる東南アジアに工場を移管する動きが盛んでした。

日本でも任天堂、カシオ計算機 コマツ、リコー、 アシックスの大手企業が次々と生産拠点を中国から東南アジアや日本へと移しております。

しかしながら、パンデミックは「輸出大国」中国にって追い風となりました。諸外国と比べて工場の再開も早く、急騰するマスクや防護服などの保護具や家電などの需要に対応することができました。

やはりまだまだ、中国のサプライチェーンは世界最強で、安価な労働力を最も安定して得られる国として認知されております。

更に、コロナによる業績悪化で企業が新天地に拠点を移す体力はなく、しばらく中国は世界の工場としての地位を確立し続けるでしょう。
中国の製造業のファンダメンタルズに強いですね。
特に、どのような種類でも、良質の部品が安く手に入ることが、
それを支えていると思います。