新着Pick
373Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
クリスパーという革新的なゲノム編集。その最先端の研究は、アメリカを筆頭に、中国でも盛り上がっていますが、日本はあまり存在感がないと言われます。しかし、その数少ない例外が、世界のスター研究者と肩を並べている、東京大学の濡木教授のラボです。

実は先月にIPOしたモダリスは、この濡木教授の研究をベースにして生まれた、ゲノム編集ベンチャーなのです。日本のほこる構造生物学のトップサイエンティストが、どのように時価総額900億円のスタートアップを作ることになったのか、そのインタビューをお届けします。

目論見書によれば、濡木教授はモダリスの株式の17%を所有しており、自家ベースでは150億円ほどの資産を築いたことになります。アカデミーの世界での活躍が、スタートアップとして、ビジネスとして大きなリターンにつながるという、ロールモデルとしても非常に面白い話でした。

取材に同席しました。科学を楽しみながら極める濡木教授の研究姿勢が、言葉の端々から伝わってきました。

特に興味深かったのが、生命科学界のスター研究者の一人、ブロード研のファン・ジャン教授との共同研究の話です。以前、来日したジャン教授にインタビューした際、「日本で気になる研究者は?」と尋ねたら濡木教授の名前を真っ先に挙げていたのを思い出し、きっかけや役割分担について伺いました。

ゲノム編集技術の改良で、構造解析がどんな役割を果たしているのかも解説していただき、とても贅沢な時間でした。
クリスパー技術は大学時代に研究していた分野(ある意味クリスパーに負けた技術な訳ですが、笑)なので、いつかこの分野でスタートアップをやってみるのも面白いなとここ数年ずっと思っています。

まだまだ医薬などの領域の会社が多いのですが、もしやるのであればもっと全ての人に影響を及ぼす領域があると思っています。
局所的な領域にいると勘違いされがちな研究者が、
ダイレクトに産業にアクセスする姿勢を保ち続けるのが本当に大切です。
素晴らしい記事
タイトルに違和感。
ノーベル賞学者だからこそ起業できるものでもあると思います。
基礎の基礎は応用、というキーワードが光っています。
すごい濡木先生だ!日本でゲノム編集と言えば濡木先生、だと思っていた。