新着Pick
242Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
スマートシティはMaaSがデフォになってきました。AIやビッグデータの活用はもちろん、道路インフラとの連携、商業施設やオフィスビルなどとの連結という、乗り物以外のインフラ・ソフトが重要になる。大きい仕事です。
今日12時から、同じくスマートシティを準備している竹芝CiPのオンラインシンポで、JapanTaxi川鍋社長らを招き、スマートシティとMaaSを議論します。よろしく。
人気 Picker
MaaS(Mobility as a Service)は、クラウドから始まった” as a service”という表現を用いて、統合的なサービスとしての移動手段を表現しています。クラウドに関しては、PaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Sertvice)、最近ではFaaS(Function as a Service)という表現がよく使われます。
モビリティ(移動手段)・アズ・ア・サービス、すなわち、様々な交通手段を経路探索、予約、決済が一体化したサービスとして利用できるイメージです。

複数の公共交通機関について、都度支払いをしたり、乗り換えの時間を意識することなく使えたら便利ですよね。最近ではCovid-19感染拡大を受け車を個人所有する流れもありますが、都心を中心に今後シェアサイクル、カーシェアなどが加速していくことと思います。こういった変革は、一つの企業主導では難しいので、自治体や国を中心に試みが加速することを期待します。
コロナ前に国が企画した事業がコロナ後も粛々と続くので良いのか。スマートシティは経済合理性、大企業性、アナログ者排他性が強い。その負の側面がコロナ感染(夜の街、外国人、非正規)で露わになったことを組み込むのか。そこが大事。
★よろしければフォローください。https://twitter.com/takefuku2019
スマートシティの企画は総じて公共工事目線というか供給目線であるのが気になるところ。住む人・働く人の具体的なありようを想像し、血の通った人間を中心に街をデザイン。それに技術を当てて行く順番が有効と思う。
ボトムアップの足し算的な寄せ集めの世界から、トップダウンの掛け算的な世界に脱皮する時期に差し掛かっていることが明確にわかる記事ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません