新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
株式市場の変動は誰にも予想できない。
安倍退陣で株式市場が悪化すると言ってた人は、案の定沈黙している、

所詮、市況解説は後付けの予想や観測でしかない。

それでも、私は、株価はもともとアベノミクスとは無差別だから、今回の戻りは安倍退陣の「垢抜け感」だろうと思う。
消費減税が出れば、もう一段上がる。そして、その後、下がる。個人消費力が弱体化しすぎている。実質賃金や個人の金融資産の減少で、個人投資には余裕がない。

人為的政策で、為替や株式のような相場が操作できるというのは、現物市場しかしらない石器時代の発想。
反対ポジションの連鎖と複雑な仕組みで、だれにもコントロールできない。
隙間を器用にすり抜けるしかない。

安倍政策の継続を強く信じる向きが強い限り、そうではないシナリオに懸けることになる。また、株式以外への投資分散が賢い。
1万4000円が妥当とかブツブツ言ってた人いなかったっけ?1万も外れるって、外すにも程度ってもんがあるだろう
本日の日経平均株価は前日比+218.38円の23,465.53円で取引を終了しています。ドル円は15時半を過ぎた現在、106.20円台で推移しています。

日本国内で新型コロナウィルスの感染者が確認された1月16日は23,933.13円、ダイヤモンド・プリンセス号の乗船者10名の感染が発表され、横浜沖で14日間の戦場隔離が開始された2月5日の終値は23,319.56円でした。
その後、コロナショック後で2万円を回復したのが4月30日。新型コロナウイルスの治療薬開発が進んだことが好感され、米国の経済活動再開への期待感から米国株式市場も上昇し、その流れを受けた形でした。
21,000円の回復は先日5月26日。緊急事態宣言が全面的に解除された翌日でした。
そして今回、コロナショック 以前の状況まで持ち直したということになります。