新着Pick
260Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国のネットワーク・インフラやアプリに対する世界各国の依存度を深めさせたい中国にとって、インドによる中国製アプリの使用禁止は、目標達成を阻害するものであると言えます。世界の人口77億1500万人のうち、インドの13億5000万人が中国製アプリを使用しなくなるのです。これに加えて米国等が中国製アプリの使用を制限すると、中国製アプリ、特に情報を共有するTikTokのようなアプリの魅力は大きく低下するでしょう。
中国側が軍事力を以て現状を変更しようとしたと認識するインドの警戒心を緩めることは容易ではありません。そもそも領土問題には落としどころを見つけるのが難しいという性質があります。中国全体として見れば、墓穴を掘ったということでしょうが、中国指導部から見れば、現場レベルが余計なことをしたと捉えているかもしれません。
中国共産党は、自らの政策の正当性を示すために、中国は強くなった、領土の統一を完成して中華民族の偉大な復興を遂げる、と主張しなければならないと考えています。そう言ってしまった以上、現場レベルでは、自分も手柄を挙げて評価されたいと考えるでしょう。
中国が抱えるジレンマであるとも言えます。
インドスタートアップの間では、
B2C中心に
中国企業と関係を持つことが
リスクであると認識され、
急速に中国離れが進んでいます。

そこを足下で
埋めようとしているのが、
米国やシンガポール勢。

また、インドの地場のスタートアップが
中国アプリのコピー製品を出したりしてますが、
ユーザーリテンションで苦戦していますね。

インドのスタートアップは
大きな変革期の最中にあります。
間もなく上場予定のアリペイもアリペイHKも禁止アプリに含まれていますね。アリペイが親会社に出資しているPaytmは調査は受けているようですが、アプリ自体はまだ禁止されていない様子です。今後、Paytmがどうなるのか注視していきたいです。禁止されたら影響がすごそう・・・。
インドPaytmも少し出てくる、アリペイを運営しているアント・グループについて、0から学べる記事を最近書かせて頂きました。ご覧頂けますと幸いです。
https://newspicks.com/news/5189781
インドがTikTokなどソーシャル系に続いてアリペイやPUBGなどのゲームも禁止へ。そもそも中国が海外アプリを実質上禁止してる中、彼らが進出してくるのを認める理由がなさすぎる。日本政府はお人好しすぎる
インドで中国アプリの使用禁止については中国でも多く報道されている。
アメリカではTikTokの使用禁止についての反応とちがって別に大きく反発しているわけではない。
インドとの貿易では中国の黒字は500憶ドルという報道もある。けっして小さくはない。
国境での衝突によってそのかなりの部分は失うかもしれない。
経済交流も国境衝突で影響を大きく受けるだろう。
今のところ、インドは中国への輸出を禁止するとは聞かない。
禁止されても中国は慌てることはないと思う。
軍事力、経済力などの面ではインドはまだまだ中国の比ではない。中国も恐れていない。

国境衝突については中国はかなり慎重に処理していると筆者は感じる。
かなりインド側は現状を変えようとしているし、行動もとっているが、中国のほうが何度も警告し、軍事的手段を取らないようにしている。
もちろんこのように書くと、日本の読者は違うという人も出てくるが、もう中国が軍事力で現状を変えようとしていることを信じているからだろう。
現場の本当の報告を聞かずに、結論を先につけるのはあまりいいとは思わない。
中国アプリを利用する危険性は何度も指摘されている上、軍同士の殴り合いで多くの兵を殺されているのだから、当然です。世界は、中国に対しては経済面のマイナスを覚悟しても、安全保障と人権、人道を重視するという流れになっています。日本はこのままでいいんでしょうか。
米中冷戦は安保、経済覇権、テクノロジー標準覇権の三点セットにまつわる争いだが、印中は加えて国民感情の対立がある。語弊を恐れずわかりやすく言えば一番悪い時期の日韓関係のような状況で、市井の国民の嫌中感情は今ピークにある。

中国テクノロジー大手による海外拡大戦略においてインドは重要拠点で多くのユニコーンに中国資本が入っているが
対外投資規制によりその道は絶たれ、加えてこのデジタルバンにより事業進出もほぼ絶たれている。
中国とインドは長年にわたる国境紛争を抱えてます
昨今の米中間の経済摩擦以上に長年危機感を持って中国と付き合ってきた関係、今回の措置も米国への配慮関係なく当然の措置だと思います


参考記事
→インドと中国、国境付近で衝突 インド兵20人以上死亡か
https://www.google.co.jp/amp/s/www.bbc.com/japanese/53074215.amp
インターネットが普及して“グローバル”な世の中になり世界が一体化しようとする中で、アメリカやインド、中国をはじめとした自国主義が目立つようになってきたのは興味深いです。
グローバル化は世界一体化と聞こえはいいですが相互に依存するだけのことで今になってリスクが見えてきたと認識しています。
日本でもやたらグローバルだ!と(多分外国にも行ったこともない人)の声が聞こえますがリスク評価はできていますか?
世界がどんどんブロック化していき、世界が分断されてしまいますね。
ネットによって世界がつながるようになったのに、もったいないです。
世界が統一され、どこでも使えるアプリができるの夢なのでしょうか。
今後、国によって利用できないアプリは増えそうです。