新着Pick
104Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
成人以上と未満で比較すると、感染伝播の確率が約半数になると報告されているとは言え、これはゼロではありません。濃厚接触が続けば、学校内クラスターのような事例も出てきてしまうでしょう。

米国では、サマーキャンプや学校再開に伴い、成人以上に子供で急速に感染例が増加したことが米国小児科学会から報告されています。重症例も成人と比較して少ないとはいえ、5月と8月で、入院例が350%、死亡例が220%に増加し、成人よりも急速に増加したことが併せて報告されました。

他国からのデータであり、外的妥当性が十分かは不明であるものの、ウイルスの子供への振る舞いについて未知な部分もまだ多く、学校再開後、児童レベルでもできる範囲での感染対策がしっかりと継続されることは重要と思います。
息子の通う保育園では、マスクは無理外してしまう。
その代わりに給食は広いお遊戯室で距離をとり、みんな同じ方向を向いて食べる間は話さない。
着いたら手洗いうがい除菌、プールの代わりに園庭で水遊び、密になるお祭りは休止、代わりに工作をやる。先生方が一生懸命子供なりの感染予防策、三密回避を考えてくださっている。
子供達にウィルス感染のプロセスや予防策のことも子供に教えてくださり、本当にありがたい。先生方に感謝しかない。
子供は死亡しないどころか、重篤化のリスクもほぼない。過度にリスクをとなえて勉学の機会を奪うことの方が害悪。データを元にリスクは語るべき
一斉休校解除後の全国での感染者数が1166人なら、
感染確率はとても低いと感じます。

子供が学校に行けないのは、
家庭によっていろんな事情があるでしょうが
一般論として
子供にとって良くないですし、
親も仕事が手につかず、
悪循環が生じてしまうと思います。

このまま学校が続いてくれることを
一人の親として切望します。
1166人感染して、症状ありが557人で重症者は0人。
よく読めば過半数は家庭内感染で学校内感染は5%→15%。相変わらずだけどこのタイトルの付け方には悪意を感じる。
データを元にリスクを言うべきで、これなら学校を一斉休校にすることによる子供達の心理的ストレスや親の仕事への影響や心理的なストレスの方が明らかに上回ると思います。
このデータを元に言えることはやはり感染が広まってからでは遅いということ。家庭内感染が拡がる前の段階でしっかりと対策して止めること。
なので明らかにピークアウトして感染者が減少局面にある現状、第1波収束時の5月末〜6月に歌舞伎町のホストクラブやキャバクラなどから感染拡大していったときにほとんど効果的な対策をせず、感染拡大してから大騒ぎした愚の骨頂の二の舞だけは、本当に勘弁して欲しいと思っています。
私も、学校は頑張って感染を抑えていると思います。
全国で1,166人は、先月ピークの頃の1日の感染者数と同じくらいということですから。

暑い夏にマスクをつけて登校して、手洗いを実戦している子供達も先生たちも頑張っていますよね。
海外では、子供の感染力が強いという報告もありましたが、今は、とにかく重症化リスクが高い高齢者への感染を防ぐために、子供達が自発的にルールを守るようになってくれることが頼もしいです。

むしろ、高校生、大学生の方が脇が甘いところを感じます。
学校内感染はまだ少ないようですが、割合としては増えてきている。家庭内感染が一番多いと言うのは他とそれほど変わらない傾向。感染者が出ると休校のような措置も取られてしまうで、出来る限りの感染予防対策が必要。家庭内でも必要になってくるのかもしれない。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン