新着Pick
108Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
むしろこれまで不衛生な印象がありましたので、むしろ安心して購入できるかもと思っています。
考えすぎだよな。。
コロナでの衛生問題もありますが、長期的にはダウントレンドのおでんの売上をどうするのかと言う問題もあるとは思っています。チルドケースで売るセットおでんが売れれば売れるほど、カウンターおでんの売上が減る可能性が高い。テコ入れをするのか、新しいカウンター商材を作るのか。
飽和状態と言われるコンビニ業界も、セールスチャネルとしての活かし方や取得するデータの活用によっては、知恵次第でまだまだ成長路線に載せることの出来る業界だと思います。

ここからは店舗数×売上のみならず、取り扱い製品やサービスとう変数を加え、文字通り生活者にとって利便性をますます向上させながら事業規模拡大に臨めるか。

飽和しはじめたいま、どう舵を切るかで実力がくっきりしてくるタイミングなのではないかと思いました。
冷蔵保存タイプの売上が伸びるならば、レジ周り商品の坪効率としての見直しなども出てきそうですね。
私もパックにしてくれれば買うかな…
元々、衛生的にコンビニおでんは、かなりリスキーですよね。
ファミリーマートは確認してないけど、ローソンとセブンイレブンでカップ入りのおでんが販売されていた。具は選べませんが、手軽さや持ち運びを優先したら入りの方が良いと思う。
自宅近くのローソンは、レジ横の冷蔵スペースにパックおでん、カップ入りを置いてる。お客さんに選択させる意図がありそうなのと、この結果がどうなるのか気になります。
コンビニおでんは、味は良いのですが、たまに汁にホコリが浮いてたりと衛生面から買えずにいた方は多いかと思います。

これで衛生面でのハードルが下がったと思います。一方で、フタ閉めて販売することで、匂いや湯気などの五感へ訴えるマーケティング効果がかなり減るので、総合的にプラスとなるか興味深いです。
コンビニ棚のおでんvsチキン戦争はチキン圧勝と聞くが、おでんにもがんばってほしい。コロナに負けるな。
ローソン、セブンイレブンと、カップおでんを出していたから全面シフトもあるかなと思いましたが、対策取りながら需要に応えるとのこと。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.35 兆円

業績

株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
5,516 億円

業績