新着Pick
240Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
食べチョクの秋元です。シゴテツ連載5日目は3年間毎日着続けているTシャツと、資金調達についてお話しました。

初期の頃に身銭をきって広告を打ったことがあるのですが、「行け、私の1万円!あぁぁ、一瞬で溶けた…」という感じで、なけなしの1万円をかけて1人もお客さんにきてもらえませんでした。 役員報酬8万円だったのでショックが大きかったです。

そんなタイミングで3万円かけて作った30枚のTシャツが、あたりにもったいなく感じて毎日着はじめたら、意外とメリットがめちゃくちゃ多い。気付いたら毎日着続けて3年が経ちました。プライベートや寝る時もいつも食べチョクTシャツです。
【note】Tシャツ起業のすゝめ:https://note.com/akirina/n/n131b33f7ee88

また産直EC、そもそも農業の領域自体でスタートアップ的な成功事例は少なく、VCに出資を断られることが多かったです。ただ、断られる=率直なフィードバックを得られる機会と捉えることで、事業をよりブラッシュアップすることができました。

資金調達の苦労話など、赤裸々に記事でお話ししてます。ぜひご覧ください!

食べチョク:https://www.tabechoku.com/
秋元Twitter:https://twitter.com/aki_rina
資金調達の話、とてもよかったです。「何がクリアになったら投資してもらえるのかを教えてほしい」と食い下がったり、「それは違うな」と思ってもそれを自分の責任ととらえて対応することは、特に重要だと思います。
ビビッドガーデン社長・秋元里奈氏の連載第5回です。
ーーー
新型コロナウイルスの感染拡大で多くの食材が売り先をなくし、生産者は悲鳴をあげた。すぐに送料の一部を負担する支援プログラムを立ち上げ、生産者をサポートしたのが、オンライン直売所「食べチョク」を運営するビビッドガーデンだ。

直近5カ月で登録生産者数は3倍、ユーザー数は17倍、月間流通額も35倍と急成長。社員十数人のスタートアップながら、7月から初めてのテレビCMを放映したほか、8月には6億円を資金調達するなど注目を集める。

秋元里奈社長は神奈川県相模原市の農家の生まれ。やりたいことがないことがコンプレックスだった彼女が見つけた心から打ち込めるものは、自分のルーツの中にあった。農業界を革新するレジェンドを目指す秋元社長の仕事の哲学とは。(全7回)

■第1回 直近5カ月で生産者3倍、ユーザー17倍、流通額35倍
■第2回 農家に生まれ、慶應理工学部に進学、DeNAに就職
■第3回 DeNAに3年半在籍、「未知への挑戦」で学んだこと
■第4回 暗黒時代。事業で大事なのは、タイミング・人・戦略
■第5回 資金調達「Tシャツで事業への覚悟が伝わった」
■第6回 産直サイト「2つの型」と起業家「2つのタイプ」
■第7回 農業界を革新。ネットが苦手な高齢生産者も参加
Tシャツも、髪も、ボタンの位置も。アイディアと社会実装は違い、執着がめちゃくちゃ必要。執着あれば必ず社会実装できるわけではないが、なければ絶対社会に広がらないと思う。
産直ECというのは想像以上に難しいと思います。だからダメだ、ということではないですが、産業としては数年後に一社も残れない可能性すら、あると思う。
①競合が多い。
②市場が小さい
③スーパーの農産物は安くうまい
④農協、漁協が強く仕入れが難しい
あげればキリがありませんが、とにかく難しい。
私もいっとき調べましたが、農協の仕組みは本当に凄いと思う。
だからこそ、そこに切り込む姿は美しいとさえ思います
毎日のTシャツ、髪、デザインのこだわり、フィードバックの受け取り、と細かい所への徹底ぶりには脱帽です。そして、何よりTシャツをとっても素敵にプロフェッショナルに着こなしてらっしゃるところが最高です。
めちゃめちゃ応援しているビビッドガーデンさん。
本当に素晴らしい会社です。
引きこもり期間中は、応援キャンペーンでおいしい食材を買いまくりました。
「Tシャツで資金調達」と言うとキャッチーですが、着ているものがそれ程周囲の人に影響を与える…という良い事例だと思います!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。