新着Pick
595Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
食べチョクの秋元です。これから7日間にかけてインタビューを掲載いただきます。よろしくお願いします!

コロナ影響のある生産者さんの支援をスタートした3月からは怒涛の日々でした。社員全員が「生産者ファースト」を掲げて動けたことで、流通額が一気に35倍に伸びてもオペレーションが維持できたと思っています。

テレビCMも、当時社員10名程度の小さいスタートアップにおいては非常に大きな意思決定でした。成功にたどり着くまでには、記事に記載されているようないろんな葛藤がありました。

ぜひ読んでいただけたら嬉しいです!

食べチョク:https://www.tabechoku.com/
秋元Twitter:https://twitter.com/aki_rina
突破力がすごい。まさに、武部先生の記事にもある「ストリート・スマート」ですね。ただ、「みんなが動く方向を間違えないように」というのは少し肩に力が入りすぎの気がしました。思いに正しいとか間違っているというのはないし、同じ志を持った人が集まるはずなので、はっきりしてぶれないことのほうが重要ではないでしょうか?(もちろん本当に間違ったと思ったらさっさと謝って方向転換しないといけないのですが)間違ったらいやだ、嫌われたら困ると曖昧になるケースをしばしば(主に大企業)で見ます。苦労は踏み絵。次回以降も楽しみにしています。
ビビッドガーデン社長・秋元里奈氏の連載を本日からスタートします。
ーーー
新型コロナウイルスの感染拡大で多くの食材が売り先をなくし、生産者は悲鳴をあげた。すぐに送料の一部を負担する支援プログラムを立ち上げ、生産者をサポートしたのが、オンライン直売所「食べチョク」を運営するビビッドガーデンだ。

直近5カ月で登録生産者数は3倍、ユーザー数は17倍、月間流通額も35倍と急成長。社員十数人のスタートアップながら、7月から初めてのテレビCMを放映したほか、8月には6億円を資金調達するなど注目を集める。

秋元里奈社長は神奈川県相模原市の農家の生まれ。やりたいことがないことがコンプレックスだった彼女が見つけた心から打ち込めるものは、自分のルーツの中にあった。農業界を革新するレジェンドを目指す秋元社長の仕事の哲学とは。(全7回)

■第1回 直近5カ月で生産者3倍、ユーザー17倍、流通額35倍
■第2回 農家に生まれ、慶應理工学部に進学、DeNAに就職
■第3回 DeNAで繰り返した「未知への挑戦」が自信を生んだ
■第4回 暗黒時代。事業で大事なのは、タイミング・人・戦略
■第5回 資金調達「Tシャツで事業への覚悟が伝わった」
■第6回 産直サイト「2つの型」と起業家「2つのタイプ」
■第7回 農業界を革新。ネットが苦手な高齢生産者も参加
以前からまっすぐにご自分の事業に向き合っている姿に敬意を持っている秋元さんのシゴテツです。良い記事でした。
改めてこの記事を読んで、食べチョクでなさりたいことがよく分かった気がします。それは、単に農産物の流通を多少リッチな生産者の情報を提供しながら展開するのではなく、生産者の苦労や喜びを共有するつながりを構築したい、ということではないかと思いました。
ある意味でそれはこれまでの流通という枠組みを超えているし、一方で、価値は協働的・共創的に作られている、ということでもあるように思います。
送料無料の件から農水省が途中から協力してきた話も、食べチョク事業の苦労や喜びの共有を通じてのことかもしれません。こうした一連のエピソードは勇気づけられます。
一方で、共有されるそうしたローカルな共創的価値は、経済的な合理性を持たなければ持続性は持てません。農水省もそうした合理性がなければ判断を下せないでしょう。生産者もそうであろうかと思います。
ビビッドガーデンがチャレンジしているのは、このローカルな価値と制度化された経済合理性とを繋ぐことなのだなと思いました。
食べチョク秋元さんといえばいつでもどこでも食べチョクTシャツ。と、思ったら連載の一回はその話。そこまで思い入れのあるものとは知りませんでした。もう、数え切れないほど聞かれたであろう「Oisixと何が違うの?」というあたりも「型」の回で語られそうですね
送料をいかに下げるか。生産者と消費者を隔てる壁をスパッと取り払った取り組みでした。(まだ続いています)
おかげさまでたくさん買いました。
Amazonや楽天などは大量に取り扱うので効率的な仕組みが出来ますが、生産者が一社ずつ取り組むのは本当に大変なんだと実感した取り組みでした。農水省がこれほど頼もしいと思ったことはありません。
"「民間がここまでやっている。農水省としてもっと支援をしなければいけない」とスタートしてくださったのです。"
タイトルがわかりやすい数字で書かれていることが、すばらしいですね。

あれこれ言うより、結果を示すのが一番。それがわかります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
生産者の想いや拘りがダイレクトに伝わることが良いですよね。少し個性が強く、尖った野菜や果物は非常に相性が良いと思います。
未だにテレビの効果ってあるんだなー

最近、生で美味しい人参探してます。火を通した人参の香りが苦手で😃
食べ物に関わるサービスの顔には、清潔感のある人がいるのが地味に重要だと思う。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。