新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前回のお話と関係しますし、私も保科さんに近い傾向があるのですが、アートに接することが学びのための「手段」だけになってしまうと逆にあまり人間らしくない気がします。ただ接してみる、ただ感動してみるっていうことがあってもいいのではないでしょうか。そして、感動する機会は結構いろいろなところにあるのでは。
アクセンチュアのAIグループ日本統括・保科学世氏の連載第6回です。
ーーー
AI時代の到来により、企業は既存のビジネスを再構築し、新たな戦略を描くことが求められている。そうしたなか、企業のデジタル変革とイノベーション創出を支援するアクセンチュアで、AI・アナリティクス部門の日本統括を務めているのが、保科学世氏だ。

社会課題の解決に貢献すべく、研究者からコンサルタントに転身。企業のAI導入・活用にとどまらず、AI人材の育成にも力を尽くす。

さまざまな分野の専門家と連携しながら、ビジネスの現場で人間とAIの協働・融合による新たな価値創出を実現している保科氏に、AI時代に求められるスキルやマインドについて語ってもらった。(全7回)

■第1回 AI時代に求められるスキルとマインド
■第2回 企業のAI活用を阻む「3つの要因」
■第3回 人間とAIの協働に必要な「8つのスキル」
■第4回 データサイエンティスト育成プログラム
■第5回 AI人材になる初めの一歩
■第6回 アートで感性を磨く。AIは人間に迫れるか
■第7回 世界のデジタルプレイヤーと戦うためのAI活用
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
アクセンチュア(Accenture PLC)は、アイルランドに登記上の本拠を置く総合コンサルティング会社。 ウィキペディア
時価総額
15.4 兆円

業績