新着Pick
275Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あげられた3つの要因はとても本質的なもので、AIに限らずDXはもちろん、ジョブ制、成果主義など人事制度を含め組織で何か新しくしよう、変えようとするときに必ずと言っていいほど立ちふさがる問題ではないかと思います。

あれこれできない理由をあげてくる上司を納得させるために他社の成功事例を用いるのもよくあると思いますが、結果として自社の問題を解決するのではなく他社のマネが目的になるという、ミイラ取り状態の話もよく聞きます。
あるある。
ITプロフェッショナルが言っていたこと。AIが流行るととにかくそれに乗っかりたがる。我が社も、というよりお偉いさんに向けてうちの部署もちゃんと考えていますという社内マーキングをするために、エクセルでできることを何とかAIの名の下に行いたいというご希望が殺到したとのこと。今だとDXですね。
アクセンチュアのAIグループ日本統括・保科学世氏の連載第2回です。
ーーー
AI時代の到来により、企業は既存のビジネスを再構築し、新たな戦略を描くことが求められている。そうしたなか、企業のデジタル変革とイノベーション創出を支援するアクセンチュアで、AI・アナリティクス部門の日本統括を務めているのが、保科学世氏だ。

社会課題の解決に貢献すべく、研究者からコンサルタントに転身。企業のAI導入・活用にとどまらず、AI人材の育成にも力を尽くす。

さまざまな分野の専門家と連携しながら、ビジネスの現場で人間とAIの協働・融合による新たな価値創出を実現している保科氏に、AI時代に求められるスキルやマインドについて語ってもらった。(全7回)

■第1回 AI時代に求められるスキルとマインド
■第2回 企業のAI活用を阻む「3つの要因」
■第3回 AI協働時代に必要な「8つのスキル」
■第4回 データサイエンティスト育成プログラム
■第5回 AI人材になるための初めの一歩
■第6回 AIはどこまで人間に迫れるか
■第7回 世界のデジタルプレイヤーと戦うためのAI活用
「手段の目的化」はとてもわかるなあ。AIというか、ソフトウェアが導入される前までは、作業があるなら人手がかかるのが当然だったわけで、「人手がかかっている」ということに問題意識が行かず、適切な問題提起が行われない。問題ありきで、その問題を解決するためにAIが出てくるわけで、それがないと目的化しちゃう。めっちゃよく見る。
「AIに対する知識・理解不足」は、まぁ今後は変わっていくかなあ、と思いつつ、我々も「AI」がどこまでを指すか良く分からないですし、言葉だけが先行してるこの状態が続くとなかなか変わらないのかも。
「全体像を描けていない」は、「スケールさせる」という観点においてはめちゃめちゃ重要だけど、そこまでそもそもたどり着いていない企業さんが多い印象。

紹介されているAI HUBを見てみて、概要と導入事例を見て未来を感じたものの、じゃあどこに適用できるか、って言われると、弊社+関連会社くらいの幅ではなかなか思いつかず。
AI POWEREDシステムは、そういう自分にもあった、「AI HUBを使った典型パターン」みたいなのを提案してくれてる感じ。こういうのをたくさんインプットしないと、「AIで何が出来るか」って感覚を伸ばせないのかもしれない。
AI導入を阻んでいる3つのポイントは、下記のようです。
1.手段の目的化
2.AIに対する知識・理解不足
3.全体像を描けていない

これはAIに限らず、企業内での新たな取り組みをするというときに、必ずおこることで、新たに出た問題ではないんじゃない?

つまり、導入に成功する企業は、常日頃から3つのポイントに気をつけている、ということなのか。
記事内の2つめの指摘「AIに対する知識・理解不足」については、意思決定を行う50代以上の方共通ではないか、と思います。アクセンチュアではない別の会社の案件の例として、提案より前に役員向けにAIに関するレクに時間を割いた、という事例を知っています。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
アクセンチュア(Accenture PLC)は、アイルランドに登記上の本拠を置く総合コンサルティング会社。 ウィキペディア
時価総額
15.4 兆円

業績