新着Pick

“センスのなさ”から始める「発注力」の重要性

NewsPicks Brand Design
574Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
平田オリザさんが紹介してしているピエール・ブルデューの「文化資本」ですが、最近、ビッグデータでエビエンスが得られるようになっています。

ケンブリッジ大学の研究
https://www.technologyreview.jp/s/84733/data-mining-confirms-that-culture-makes-cities-richer/

地方創生では、経済ばかりが全面に押し出されていますが、文化資本に注力する豊岡市は、国内ではユニークな存在です。

他方で、企業メセナが後退する中、アートにとって自治体は「お得意様」になってきていて、「発注力」があるところは限られているのが現状です。
劇作家の平田オリザさんとの対談が記事になりました。
今回は、社会や企業の変革と対話をテーマとして語り合いました。
タイトルにもあるように、これからの日本の社会は、企業も自治体も「自己決定」が問われる時代に徐々になっていきています。
しかし、この自己決定とは一体何なのか、いかにして可能なのか、ということについて考えていきます。
平田さんは、兵庫県の豊岡に在住で、演劇の方法論を用いて、地域社会の発展のための構想と実践に取り組まれています。
(詳しくは最近出版された『22世紀を見る君たちへ』(講談社現代新書)に書かれています)
私は最近は企業変革がどうしたら可能なのか、ということについて現在、実践にも関わりつつ研究をしています。(2冊目を書いています)その中で、極めて重要だと思うことは、変革的な取り組みのその組織における歴史に裏打ちされた必然性です。
双方、違うフィールドにいるのですが、感じている問題意識や考えていることが極めて近く、昨年の対談のときもそうでしたが、根本的なところで相通じるものがあり、今回も非常に盛り上がりました。
是非ご一読ください。
平田さんのコミュニケーション論は非常に興味深く、よく参考にさせていただいています(元JTの新貝さんのM&Aの本にも出てきます)。

「現状に不満はなくても、未来に不安がある」「身体感覚」という指摘を私なりに解釈すると、実感として分からないということかなと思います。「希望がない」という指摘もありますが、希望って何?不安って何?フィクションの世界でしかわからず、実感としてぴんと来ていないのではと思うのです。「わくわく」を取り戻す、そのためには自分が何ができるか、なんて考えさせられました。
宇田川元一さんもそうだけど、平田オリザさんのセンスあるコメントが光ります。平田さんの新書「わかりあえないことから」は必読。
関連記事一覧
自宅からのリモートワークで集中力を保つために、わたしたちがやるべき「3つのこと」
WIRED.jp
72Picks

すべては楽しく生きるため 逃れられない壁を「改善力」で突破する方法
Forbes JAPAN
22Picks

信頼と多様性を学ぶ出発点 アフターコロナの「サステナブルな観光」
Forbes JAPAN
20Picks

「考える力が弱い人」には“枠組み”が欠けている(東洋経済オンライン)
Yahoo!ニュース
17Picks

高校時代は「沼にはまれ」 やりたいことを見つけて極める学校・N高で育つ力
ログミー
16Picks

リモートワークの不安を社員に話したら、「組織の力」を実感できた。実業家が語る、これからの時代のチーム作り
ハフポスト日本版
10Picks

ダメと言われても「夜の街」に繰り出す人は何を考えているのか - 「コロナ疲れ」「コロナうつ」は当然だ
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
10Picks

父は新型コロナの闘い最前線 元DeNA右腕が医師を目指して猛勉強中「早く力になりたい」
野球・MLBの総合コラムサイト
8Picks

withコロナ時代に、ビジネスを成長させられる新しいマネジャーの条件3つ - 女性の強みがいよいよ顕在化する
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
6Picks

在宅勤務が長引いても、「コロナうつ」にならない方法とは - イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明
Diamond Online
5Picks