新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちまたで賛否両論あるので取り上げます。

この記事タイトルがとてもワンサイドですね。時系列の考え方を入れないと見誤ると思います。

組織体制は常に、川の流れのように変容していくので、「その時期の狙い」に合わせたフォーメーションであれば、どんな形・名前であれ、各社内のベストになるはずです!
弊社WACULの取締役CIO垣内の連載「マーケティングDXの落とし穴」が始まりました。
弊社でもDX推進部署とのお仕事を支援させていただくことが多く、そこで出会った“あるある”と、その解消のための取り組みを書かせていただいています。DXは一朝一夕にはできず、組織の壁を越えた大きな意思決定を必要とします。そのための上層部の理解と信頼、そして推進が大切になります。
現場としてできることは、既存業務の単純な置き換えで小さな成功体験を積むということも必要であったりしますが、あくまでそれは本質的なDX実現のための呼び水です。
DXの本質は組織調整であり、それに伴う組織の改革である。社外から採用したデジタルに詳しいだけの人に組織は動かせない。会社経験の少ない若者も同様だろう。