新着Pick
368Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ下ではコロナ対応として「Social」の面に注目したコロナ債などのファイナンス調達が増えてます。
インパクト投資のもうひとつ重要だと思われる点は本来は資金の用途が自由だったお金(運転資金)について資金使途を明確にすることによって(例:グリーンビル)、お金に色をつけて企業のお金の使い方を見えるかできる点です。
また、インパクト投資市場の信頼度を上げる為には第三者の評価が必要ですが、国際資本市場協会によるグリーンボンド原則やソーシャルボンド原則でも第三者による評価が推奨されていて、実際に外部認証を受けているものが増えてきています。
インパクト投資と概念は異なりますが、最近ではサステイナビリティリンクローンと呼ばれ、企業がESG上の目標を設定して達成度に応じて金利を変動させる商品も出てきています。
全体としては、低金利により運用先が限定されいて、貸し手も借り手も貸す理由、借りる理由や裏付けを模索している様にも見えます。
金融というのは本質的にはお金に様々な「色」を付けてリスクを管理していく業務だと思っていますので大きな違和感はないですが。

昨今のトレンドという点では、ゲームのルール作りというのがESGの本質的な観点だと思います。
欧州などではグリーンとなる業態を決める「タクソノミー」を法制化する動きが対象となる分野や商品を広げて影響を広げていますが、このルール化が各国企業の事業展開や資金調達力にも影響を及ぼすことになります。従ってこのルール作りの今後の世界的な展開をよく見て提言などを通じて影響力を及ぼしていくことが重要となってきます。

(PEIのESGセミナーに登壇予定です。ご興味あればご参加ください)
https://www.peievents.com/en/event/pei-responsible-investment-forum-tokyo/
★SDGsに対応出来ない企業はダイベストメントされる社会に

この1-2年において、企業の社会・環境課題解決意識は急激な高まりを見せており、主な理由は、サステナビリティに関する金融機関・市場からの要請の強化、および消費者/市民の間でのサステナブル志向の台頭によるものです。

ベタですが、PEST的な視点でも:
・規制:EUでは、サステナビリティに関する情報開示の義務化が進んでいる
・株式市場:世界全体でのESG投資割合は2016年度から2018年度にかけて26.3%から33.4%へと拡大。日本国内においては、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)がESG投資を取り入れたことにより、日本国内でのESG運用額が2016年度の3.4%から2018年度の18.3%に増加
・消費者/市民の意向:PwCが2019年に世界の消費者を対象に実施した調査によると、回答者の37%が環境にやさしいパッケージの製品を探し、42%が食品以外でも持続可能な方法で生産された製品があれば値段が高くても買うと回答している
・テクノロジーへの期待:SDGsの達成に向け、IoT、AI、ブロックチェーン等の新技術を活用した新たな解決策が数多く実装され、テクノロジーの果たす役割に期待が高まっている
このトレンドは今後も拡大していくんだろうと思います。

ちなみに最近、新規事業検討などのご相談を頂くクライアントの殆どが「社会課題解決に資する新規事業を」と仰います。各社の中期経営計画などを見ていても、「社会課題解決」という単語は必ずといっていいほど入っているのではないでしょうか。コロナ以前からあった流れですが、今回のコロナでよりその必要性が増していると思います。
もはやSDGsの要請に応えられない企業は、ダイベストメントされていく傾向もみられ、これまでのCSR的な位置づけという価値観から大きく転換する必要がありそうです。
インパクト投資におけるマイルストーンは確かに「世界で起こった何かの問題」でした。大きいのはリーマンショックでしょう。当時、リーマンショックの影響を受けにくかったのはインパクト投資銘柄ということに投資家や投資機関が着目したことで、一気に注目度が上がりました。
ただ、時代とともにインパクト投資銘柄の様相が変わってきました。もともとプライベートエクイティが多かったところ、最近はESG投資戦略の一つとして位置づけられるようになり、上場株対象のインパクト投資も増えています。
従来型のESG投資からインパクト投資に流れ込むお金が増えたこといより、最近は理念よりも「理念を実行する能力」に着目、評価する傾向が非常強いと思います。特にPEについては顕著です。ただこうなってくると、老舗VCの投資先に着目するインパクト投資機関も増えるので、定義を重んじる人にとっては、何がインパクト投資なのかがあいまいだと感じるだろうと思います。なお、上場企業についてはESG偽装みたいな話も出ていることを考えると、今後はインパクト投資機関自体の評価や格付けについての議論がもっと進むように思います。
投資資金が環境破壊や武器の製造販売に使われているとするとどうでしょう。投資家の心が痛むだけでなく、その企業は一時的に高いパフォーマンスを上げていても、いずれ自然に淘汰されるでしょう。

世界中で投融資の眼は厳しくなってきています。それを真剣に考えなければ、この地球に住めないぐらい環境は劣悪な状況になっています。
でも、ではなくだからこそ、でしょう。