新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本では、車椅子での患者移送は看護師の業務負担になっていることも多く、自動運転システムの導入が安全にできれば、その負担軽減に繋がる可能性が高く、導入が比較的早く進むかもしれません。

ただし、移送した看護師から移送先のスタッフに対してface to faceでの情報共有、申し送りが行われていたケースも少なくなく、用意周到にやらなければ医療スタッフ間のコミュニケーションの機会が減るという懸念もないわけではありません。

一方、米国の多くの病院では、患者搬送専門の職種が確立されており、それらのスタッフの雇用機会を奪うことになるため、日本よりも導入がかえって遅れるかもしれません。
在宅の現場では、患者が分散していることによる非効率がネックになります。日本の多くの地域が山間部であり、移動が難しくなることで在宅医療に移行するケースもあります。
しかし、在宅の醍醐味は生活の中に入り込んで診療する事で診療所、病院では見えてこなかった問題が見えてきます。
WHILLが自宅から病院まで送り迎えする時代もわるくないですが、WHILLが医療技術そのものを在宅に運ぶ存在でもいいのかもしれませんね。例えば検査機器を運んで自動で検査をして戻ってくるなど。採血、X線、エコー検査なら技術的には可能かもしれません。
更にwebカメラによる訪問診療を行うことも可能だと思います。
自動運転の発達が、患者中心に発展することを願ってます。
いいですね。
公道だと、死亡事故とか怖いけど、院内だけでも色んなストレス低減になりそうで期待
効率的で自然な流れに見えますが、失うものの方が少ないと良いですね。
コミュニケーション機会が減ることきよる、新たなリスクも少なからずでてきそうです。
病院内の移動には有用でしょう。実験といわずどんどん実装してほしい。エレベーターで上下階をスムーズに移動できるといいね。この先に、こうした多様なモビリティが街でも展開されることを望みます。
WHILLが、空港や病院などいろいろなところで最近実験を広げている印象!
これはいいですね。
検査を受けるために、毎日病室から検査室まで看護師が連れて行くことも多々ありますからね。
Whillはかなり製品完成度高いですよね
Premiumを無料で体験
登録・ログイン