新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「食べる」楽しみに「体験する」楽しみが加わることで、付加価値が上がる。
1時間以内に食べられる距離に住んでいなければ商品を売ってくれない生ハム屋さんのように、「食べる」ことに比重を置くものはそれほど多くの店では取り組みにくいが、炭酸煎餅のように「体験する」ことに比重を置くものは工夫次第で様々な店に取り入れられそう。
食の分野にも「時間」で付加価値をつけるマーケティングが増えてきましたね。

昔は商品を売るだけの点だった商売が、ファンとのリレーションをどう獲得し、LTVを長くしていくかという線の商売になり、それがさらに深い体験やリアル店舗などに落とし込まれていく変化が非常に面白いです。
面白いですね。マーケティングの話題作りにも繋がりそうですし。
瞬間グルメ自体は以前からプチブームで多かったですが、商品力が伴わないと瞬間最大風速で終わるため、それをフックとしつつ別でLTVを高める仕組みを設けておく事も多いです。
ライブ感とリアルに味わいに変化を感じれるストーリーに消費者はお金を使う時代になっている。
InstagramなどSNSの進化によりライブは好まれるのだ。
まさに「瞬食」ですね。

最高の瞬間で味わう。想像しただけで、美味しさを感じられそうです。

食材には「旬産旬消」という言葉があります。旬な食材を、旬な時期に消費するということです。

これは旬な瞬間、最高のタイミングで食べる。五感をフルに使って、味わいたいですね。
美味しんぼに、賞味期限5分のマスカット最中がありましたね。


https://ameblo.jp/anizo/entry-10916059230.html
こればっかりはテイクアウトやデリバリーでは対応しきれない、店舗に行く理由の一つになる。限定商品と似た売り方。
太宰府天満宮で食べられる焼き立ての梅ヶ枝餅を思い出しました。お土産用とは全く別物です。
頭良い!