新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3つの習慣は、その通りだと思います。私は特に起業してからは、すべて実現できています。また、多くの人にとって、コロナ禍での在宅はそれらが実行しやすくなっているはずです。それなのに心が整わなくなってくる。それらの習慣だけでは解決しませんね。

私は、真剣に向き合う対象(主に仕事でしょう)が明確にあり、それに取り組むプロセス自体が充実していると感じられるときは、どんなに忙しかろうが、それらの習慣が実行できなかろうが、幸せを感じます。情熱をぶつけられる対象が明確なことが重要だと思います。

そのプロセスで、承認欲求が満たされるのが重要なようにも思いがちですが、それは関係ないように感じます。充実はプロセスに宿り、承認が必要条件ではないと思います。

人は往々にして、「忙しい自分が好き」という感情に冒されます。単純な作業ですらそう感じるものです。しかし、それがほぼ何も新しい価値を生み出していなかったことに気付くと、深く憔悴を感じるのだと思います。そうなる前に、自分の出せる付加価値とは何かを真剣に考え、その実現が仲間や社会に役立つことを想像することが大切だと感じます。それに立ち向かっているときに、充実感を感じ、心がクリアになるのではないでしょうか。

そのように自分と向き合うのに向いている時間が、よく言われるように瞑想やウォーキングではないでしょうか。私はウォーキングをしていると、新しいアイデアが浮かんだり、やるべきタスクに向き合うエネルギーが充電されます。
規則正しい生活、睡眠・食事・運動はその通りですね。
あまりストレスということを意識しすぎないことも重要かなと思います。ストレス対策がストレスになる人もいそう。。。
書かれていることは当然のことだと思いますが、それがなかなか「出来ない」のでしょうね。そして今の世の中「ストレスがない状態」を作るのはとても難しいと思います。コロナで今までの生活様式が大きく変わりました。真夏のマスク・・・これだけでも、ほぼ多くの人が生まれて初めての「経験」。でもその経験から人間は知恵と工夫で困難を乗り越えるのだと思います。その時に大切になるのが「睡眠」「運動」「食事」なんでしょうね。私も急な自粛でリモートワークになった時、あまりのつまらなさ・・・に心と体のバランスが崩れました。でもそれを一旦受け入れ「どうすれば、制約のある中で少しでも快適に過ごせるか」を考えました。自分で対処する方法を見つけておくのも大事かもしれません。
コロナ禍に限らずとても大事な3点。
外出する機会が減っていますし、お家でヨガやストレッチをする人も増えてそうですね。個人的には全くできてはいませんが汗。
「コロナ禍」はカラ騒ぎ

厚生労働省は新型コロナが死因ではなくても検査で陽性だったら新型コロナの死者として報告する様に指導している

厚生労働省

新型コロナウイルス感染症の陽性者であって入院中や療養中に亡くなった方については、厳密な死因を問わず、「死亡者数」として全数を公表するようお願いいたします

https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf

大阪では新型コロナ死亡者129人のうち新型コロナが死因だった人はたったの24人だった
https://twitter.com/cyannbu9999/status/1297488760008040448

これは日本に限った事ではなくアメリカの新型コロナ死亡者のうち死因が新型コロナだった人は全体の 6% に過ぎない
https://www.cdc.gov/nchs/nvss/vsrr/covid_weekly/index.htm