新着Pick

ショック。『フォートナイト』が地球を苦しめていたなんて。

ギズモード・ジャパン
最新のデータにより、ゲームは意外と炭素集約度が高いということが判明しました。炭素集約度というのはつまり、二酸化炭素を排出しやすい度合いのことです。今年4月の1カ月間で『フォートナイト』が排出した炭素量はなんと、14万800トンにのぼったそうです。
98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ギブモードっぽい記事ですね。二酸化炭素を出さない発電を進めるしかないのですが、太陽光発電や風力発電では限界はあるし環境に優しいとも言い切れません。核融合が実現するまで原子力発電を活用するしかないのですが、日本は原発アレルギーが強すぎて冷静な議論すらできい状況。当分の間は温暖化は止まりそうにありませんね。
サーバーの消費電力ということなので、Teslaなどとは根本的に違うCO2排出ですよね。

IT分野は、話題になりませんが、Googleなどのクラウドサービスなどで、地球の電力消費全体の数%を消費しているという時期もあったことから考えると、今後は、この分野の電力消費低減も検討されていくのでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
『人間』の存在そのものが地球を苦しめているので、こんなこと、気にしてもしかたないですね。仮想通貨のマイニングよりはゲームの方がより多くの人に幸せを届けていて、良いなあ。
確かに、ゲームをするとスマホの充電🔋があっという間になくなります。

ならば、任天堂スイッチの方が地球に優しいというロジックですかね…
特定のサービスを例に挙げて(こじつけて)問題点を指摘するのであれば、せめて対案くらいは示してほしいところ。
そもそもこの問題を突き詰めていくと、人類はさっさと滅びろという話になってしまうように思います。
移動するよりはマシ
Premiumを無料で体験
登録・ログイン