新着Pick
225Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世間の風は透明性・公平性へと吹いている中、このまま両院議員総会オプションへ進むとすれば、誰が選ばれたとしても社会的共感を得られない船出となりかねない。
いずれにしろ、自民党総裁選でコロナに対する過度な恐怖心を煽る某ワイドショーの報道が減ることを期待します。
自民党青年局など若手は党員投票を求めています。政局的な思惑としては「石破外し」を確実にするためにも、党員投票省略の流れでしょう。若手がそれをどこまで食い止められるかです。小泉進次郎氏も党員投票実施を主張をしています。自民党の立場に立てば、ここで党員投票をした方がいいと思います。手っ取り早く後任を決めて残りの任期1年を消化試合にしてしまうと、党の勢いは確実に落ちていきます。安倍政権の貯金はそれほど多くはありません。党勢のためには、ここで盛り上げて、安倍政権への「飽き」を吹き飛ばしておくべきです。ただ、中にいる人たちは、それがなかなかわからないものです。
まあ緊急事態としてそうなるんだろうなと思いますね。


安倍首相辞任と次の首相候補について最速で解説します https://youtu.be/_44qBKcdTKM
まあ急なことだからしょうがないし、アメリカの感覚を押し付ける意図は全くありませんが、1年もかけて選挙戦をやって大統領を決めるのに比べ、国民の議論は何もなしに国会議員だけで決まるのはどうしたものかなあと思うなあ。
いずれにせよ、今回の人事は新しいことをどんどんやっていくためのトップを選ぶのではなく、既に方針が決まった新型コロナ対策やDXの推進などを間違いなく実行するのが目的なのであり、安倍さんの残存任期満了後に本格的な仕切り直しをするのであるから、その目的に照らして間違いの無い人選をすれば良いと思う。そのために両院議員総会で「暫定引き継ぎ内閣」の首班となる総裁を選ぶというのは理に適ってるのではないか?
菅官房長官を推す声が増えているとのことだが、菅さんは無所属であり、派閥とは何のか?総理を派閥から出すことが大きな使命の一つではないか?という議論は盛んになるだろう。つまり菅さんが選出されたとすると、あくまでリリーフ。2021年の総裁任期を睨んだ政治家のアピールと駆け引きがすぐに開始することになる。そのことは、菅内閣の基盤を当初から著しく不安定にさせるだろう。それと足元では河井夫妻被告の100日裁判が継続している。この事件が菅さんの総裁選にどういう影響を及ぼすか。
そして興味深いのは、官邸の力学だ。安倍総理のもとでは、よく名前が出る今井尚哉補佐官のように大きな影響力を持つ人が出た。これを快く思ってこなかった政治家も多いだろう。コロナ対策や景気対策等の重要な局面にあることは間違いないが、政治家の当人たちにしたら、こうした政治ゲームに夢中であろう。(ある程度やむを得ない)
恐らく今年はオンライン開催だと思いますが、9月下旬の国連総会を控えていることを考えると、遅くとも9月15日までには次の首相が決まっていないと、冬に向けたコロナ対策は遅れを取ります。中国とアメリカの対立が激化する中で、コロナ対策、グローバルでの経済立て直しが急務であることから、一定の国際協調が重要だと思います。

国連総会の前には、臨時国会も必要ですし…

いずれにせよ、今回選ばれる総裁の任期は1年です。党員投票省略のデメリットよりも、政治空白を最小限にするべきだと思います。
安倍さん的に石破さんは無いだろうから、この流れは当初より想定内


※※
次の総理は、国会議員だけの投票で決めると菅さんで決まり。地方票も入れると石破さんが勝つ。前回も安倍さんの倍近くを獲得してる。官邸は国会議員投票で押し切ろうとしてるところ石破さんが大反発。こんな図式だと思うな。筋論でいうと地方票も入れてだろうけど、石破さんにエサを与えて押し切れるか、徹底抗戦になるか。二階さんの腕次第。色んなことな蠢いてそう…
民主主義が機能するのかどうかを注視しなければなりませんね。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア