新着Pick
229Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
旧UPからFitbitに乗り換え合わせて6年近くウェアラブルで睡眠を記録しています。深夜の担当から未明~早朝の担当など経験し、しばらく人間の生理とは真逆の生活を送ってきました。健康維持のため、睡眠時間と同時に睡眠の「質」を確認してきました。データで“視覚化”することで積極的に寝る時間を確保する習慣は付きました。数年前、アメリカから一時帰国されたFitbitシニアアドバイザーの熊谷芳太郎さんが「ウェアラブルを通じて集まる膨大な健康データがビジネスになっている」という話をされていたのが印象的でした。そして今、コロナ禍において「社会的時差ボケ」が縮小しつつあるという点は、今後の働き方の政策に反映されるべきテーマだと思います。“24時間営業”でニュースを扱う我々にとっても「睡眠改革」は課題です。
時間をお金で買う人がターゲットになり、睡眠は、時間より質に投資がされてくるんだろうなぁ。
>人間は夜行性ではなく昼行性の動物なので、朝起きて昼活動して夜眠るという自然のリズムが備わっています

この結論も、もしかしたら将来的に覆されるかもしれません。

昼夜逆転生活で元気で長生きしている人たちを、私はたくさん知っています。

交感神経と副交感神経が問題なくスイッチできていれば、昼夜は関係ないのかも知れません。
人、それぞれ、身体にもっているリズムがあるので、睡眠を正しくモニタして、個々に最適な睡眠を実現できれば、QoLを大きく改善できると思います。

私個人もfitbitを使うようになって、自分に合った睡眠条件を試行錯誤できるようになり、いろいろ改善できました。

実際にモニタしてみると、自分の感覚とは、かなり違うデータが得られるので、ご興味ある方は試してみるとよいと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
個人的には問題が2つあるかなと思う。
1つは今の社会が仕事中心の世の中になっていること。
2つ目は1日8時間労働が当たり前になってること。
今後、副業社会でもっと睡眠の質が下がる可能性があるから、もっと時間に縛られない世の中にしないといけないと思う
睡眠時間が6時間未満の人は7時間以上の人より4.2倍も風邪にかかりやすいという報告があります。コロナの予防に関しても十分な睡眠時間はとても大切です。最低7時間は眠る習慣をつけましょう。
睡眠の質を上げる努力をしているので、時間は十分ではない日もありますがしっかり眠れている感のある自分は幸せだと思います。