新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日産=ダメという先入観念ができつつあるが、国内と中国の事業基盤は強く、顧客評価、収益性も高いウインウイン状態。国内でe-Powerの人気は高い。
JDPowerのアフターの評価でトップに立ったということは素直に評価。ただし、評価ポイントに殆ど差がなく、国内のアフターは差別化できないほど高いサービス体制が各社で出来上がっている。
キムタクCMはこの評価には関係ない。
斉藤陽さんのコメントにあるように、ここ数年間いい商品がなかった中での「いい副作用」だったのだと思います。

ラグジュアリー部門で1位になったレクサスですが、(1989年に米国導入され、大成功した後の)2005年に日本市場に投入された際には、フラッグシップのLSを欠き、商品魅力が乏しい時代が数年続きました。そんな中で「CS(Customer Satisfaction)で売る」と頑張った結果が今に繋がっています。
商品に力がない時こそ、販売力を鍛えるというのが自動車ビジネスなのです。
興味深い記事ですね。やはりまだ対面式の接客・営業に価値があるという証拠でもあります。

個人的には過剰な接客や「納車式」など実質的な価値を伴わないものはコストだけがかかってしまうのでやらない代わりに値引きをしてほしいと思ってしまう方ですが、それのような「体験」に対価を払っても良いと思っていらっしゃるかたが多いということでしょうか。

一方、テスラはWEBで車を売ろうとしています。価格帯が違うので単純な比較はできませんが、家電は量販店やECサイトの台頭により価格平準化とサービス差別化の困難などが起こり、また街の小売店が大ダメージを受けました。その点、国内の自動車販売店はうまく行っているなと20年くらい前に思ったものでした。今後どうなるのでしょうか。
満足度調査でトップに立ったとは、同慶の至り。

メーカーの品質もありますが、ディーラーの対応もかなり大きいかと思います。

こう言ったディーラーの頑張りが無駄にならないよう、日産自動車も頑張って頂きたいと思います。
逆境を前面に押し出すCMは、普通は快く受け止められないはずだが、禍(わざわい)満ちる今を生きているせいか、共感してしまう。
もはや「JDパワー」のデータが、実際のマーケティングに役立たないことを実証してしまう記事ですね。

当然と言えば、当然ですが、時代により「ものさし」は変化します。「ものさし」で計測した結果と、実際のものが乖離してきた場合、「ものさし」を見直す必要があります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
販売店であることに注意!調査はアフターサービスでの正規販売店の満足度を総合的に分析したもの。顧客の総合的な評価を「店舗施設・サポート」「予約/入庫」「サービス品質/納車」という3つのファクターに基づいて、総合満足度(1000点満点)を算出。2016年4月~2019年3月に新車乗用車を購入し、直近1年間にメーカー系正規販売店にサービス入庫した顧客を対象に、5月から6月にかけてウェブ調査を実施し、8687人から回答を得た。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.65 兆円

業績