新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
河野氏は、自民党総裁選への対応を尋ねる記者団に対し、まずはグァムが自分の仕事だとつぶやいていたといいます。確かにイージス・アショアの導入中止の説明をする大切な機会であり、日米の安全保障のトップがグアムで会談することで中国にも北朝鮮にも強いメッセージを送ることになります。ただ、日本のメディアの関心は、安全保障よりも河野氏の総裁選への対応に移っています。今月上旬の文藝春秋のインタビューでは次期総裁選への意欲を隠していませんでした。河野氏の出馬は、票の割れ方も含めて、総裁選の行方にかなりの影響を与えると思われます。
中国海警局の公船が尖閣周辺の接続水域に100日以上連続で侵入するなど活動を活発化させていますが、中国は当然、アメリカがどう反応するかを念頭に置いているはずです。米国は伝統的に第三国同士の領土問題には介入しない姿勢を取ってきていますが、その中で米国からどれだけ中国に対する強いメッセージを発してもらうか、が今回の会談の大きな目的の一つだったことと思います。