新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
金融危機が日本で起きて20年以上になりました。私は金融行政を分業化するため、銀行の監督は預金保険機構が行うべきではないかと考えました。中央銀行は金融政策に専念すべきです。私が見ているところ、金融機関の監督は大蔵省から金融庁に移りましたが、殆ど変わっていない印象です。この20年で私の考えは銀行に自己資本を大量に積ませるべきと変わりましたが、いつまでもビジネスモデルを変えるように迫るだけの銀行監督行政では無理だと思います。
銀行が破綻すると預金者が困るのではなく、借り手が困るのです。
預金者の多くは預金保険機構に保護されている一方で、借り手は返済を迫られて他行から借りる事も容易ではなく、困難な状況に陥りかねないからです。
銀行相互の資金貸借が凍りつくと、大規模な貸し渋りが発生する可能性もあります。
リスクシナリオですから、過度な懸念は不要ですが、一応頭の片隅に入れて置きたいですね。