新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「お礼もお詫びも気持ちを伝達するものですが、アルバート・メラビアンという米国の心理学者は、人間の伝達効果は「言葉が7%、話し方が38%、表情が55%」と唱えています。」

お礼やお詫びの際は、という限定がついているのでビジネスプレゼンなどとは割合が異なっていることがわかります。

わたしはこの分野のプロではないので大したことは言えませんが、個人的にはこの数字が独り歩きするのは危険だと思います。

表情の練習をするのではなく、お礼やお詫びの際は相手を思いやる「気持ち」が大事なのだと思います。それを忘れて表情の訓練をしても心が伴わないと「あれ~、あの記事に表情が大事って書いてあったのだけどなぁ」となってしまう気がします。
まず基本を押さえる。

確かにそうだよねと思うことばかりです。なぜ、その言い方の方がいいのかを、しっかり理解しましょう。

そして、本当に大切なのは、決して表面的にならず、素直に心から伝えること。

対面でもっとも大切な表情も、意図的につくったものでは伝わりません。内面から出てくる自然な表情で、心が動きます。
"人間の伝達効果は「言葉が7%、話し方が38%、表情が55%」"
いかに表情が大切なのかと改めて。リモートワークでパソコンに向かってばかりいるとどうしても表情筋が衰えてしまうので、意識しないと。。

間違えやすい言葉というのも記事ありますが、言い換えるだけでぐっと印象が変わりますよね。上手く使いたいものです。
マナー系の方は、よくメラビアンを引用する。限られた状況でのものを拡大解釈しているので、ホントよくない。