新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
健康軸での商品開発とサステイナブル視点でのパッケージ開発、この2つが今後の清涼飲料業界の勝敗を決める重要要素と感じました。日本でも前者の例は機能性食品のお茶等増えてきている印象ですが、マーケティング・ブランディングに強いコカコーラにとっては必ずしも得意な戦いではないものなのでしょうか?
飲料業界の世界トップブランドのコカ・コーラが・・・。コロナ文脈の話は記事中には出ていませんが、コカ・コーラでさえ安泰ではないということですね。世界有数のブランドとはいえ、市場の変化に追随する難しさを改めて感じます。
サービス業界が冷えればサプライヤーも冷えてしまう
さいきん飲食業界の苦しい話をききました
イベントも中止したり、海外顧客がほぼゼロになったり、個人の注文が増えたと思いきや卸が増えると個人が冷え始める、それがまだ長く続くわけですから、改めてコロナの現状回復は程遠く、潰れる前に新しいチャネルを開拓しないといけない業界だと感じました。ウーバーイーツはひとつの解決策ですがローカルなもので、都市や高めの街にはいいですが、刺さらないエリアも沢山あります。もっと大きなマッチングマーケットが必要で、それが今のECで担えるか。
「消費者のカロリー敬遠が進み、甘い清涼飲料水の販売は厳しい状況が続いている」
米国でも健康志向な人が増えているということなのですね。今後コカコーラがどのような施策を行なっていくのかは気になります。
時価総額
23.2 兆円

業績