新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とかく実学主義な日本社会は、すぐ使えるもの、必要なものを取得することを学問や教養だと勘違いしていないだろうか。
英語圏の国のエリートが他の国の言語を必要ないから学ばない、なんてことはなく、逆に他の言語を学ぶことで教養を深めている。
使えるか使えないは短期的に変化してしまう。そうしたことに振り回されて長期的に視野を開く学びが疎かになってはならない。
英語でも他の言葉でも、学ぶことが思考を豊かにしてくれるはずです。
後段に書かれている「英語コア層」の広がりがホントの英語力アップなのでしょうね。アメリカの公立小学校に子供を編入させた時、母国語が英語ではない児童を対象とした取り出し授業E.L.L(English Language Learner)を受講していました。公費でフォニックス(発音と文字の関係性を学ぶ音声学習法)を学ぶことができましたが、いま売れている「英単語の語源図鑑」の中身は考え方が近いなと思います。E.L.Lの教員はアメリカで英語学を学んだ韓国系の女性でしたが、同級生の韓国人児童で英語習得が早い子は「母国語の国語力が高い」と話していたことがとても印象に残っています。国語力、考える力、コミュニケーション…英語の早期教育に注目が集まる中で、母国語の基礎基本を痛感させられた経験でした。
幻想ではなく事実かと!国民の殆どが英語できない島国の日本人は、「英語できるだけで人生変わります」。ぜひ英語勉強してみて下さい!
高度経済成長期に日本の商品が世界で売れたのは、日本人が英語ができたからではなく、安価で高品質な商品を世界に提供できていたからです。

当時より今の方が英語が理解できる人の数は増えましたが、日本の製品は世界で売れるようにはなっていません。

良いものだったら世界中の人が欲しがります。言葉が壁だったらあちらから日本語を学びに来ます。世界中の日本のアニメファンが日本語を学んでいるように。

どれだけ流暢でも聞く価値のない言葉は誰も聞こうとはしません。逆にたどたどしくても、本質をつかんだ言葉は世界中の人が聞きに来ます。

「英語でどう言うか」ではなく、「英語で何を言うか」をもっとしっかり考えた方が良いと思います。