新着Pick
1253Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国家の最高指導者の進退を決められるのは、最終的には本人だけです。健康不安が露見して後継の動きも加速するなか、仮にとどまる意向を表明したところで、政治的にはもたない展開になっていったでしょう。自民党総裁任期は来年9月まで、衆院議員任期は同10月までというスケジュールから逆算すると、政治空白をつくっていいタイミングは限られます。その意味でこの夏から秋にかけては、相対的にみて有力な選択肢の一つでもありました。

通算、連続ともに歴代最長の長期政権。心身ともに限界を迎えたのでしょう。私自身、政治記者としてさまざまな首相の退陣劇を取材してきました。第1次安倍政権の突然の退陣劇は、その中でも最も驚きました。今回はある程度、予想させる余地を首相自身が残してきた末の決断にみえます。首相なりに布石を打ったうえでの退陣だったのかもしれないなと推察しています。

総括は別の機会にするとして、第1次政権まで安倍番を務めた一人の人間として一言付け加えさせていただきます。本当にお疲れ様でした。療養のうえ、早期に回復されますよう心よりお祈り申し上げます。
マーケットからの心配事はとにかく第二次安倍政権から復活した株価の行方でしょう。円相場に関しては、貿易黒字なき今、さほどヒステリックな円高に戻ることは無いかと思われます。注目点はマクロ経済政策の組み合わせ(ポリシーミックス)の在り方であり、安倍路線を継承できる人物であれば株買いは当面続く・・・ということになりましょうか。選挙となった場合、マーケットは久々に日本材料で動くことになりそうです。この1か月ほど、この点に関する海外からの照会はとても多いものでした。
難病を持病として持ちながら、二度にわたって総理大臣を務め、特に第二期は憲政上最長の期間公務を果たしました。
そのご苦労は健常者には想像だにできぬものだったとお察しします。

その政策の是非はいずれ歴史の審判を受けることとなるでしょうが、リーマンショックと東日本大震災によって崩れ落ちつつあった我が国の経済の勢いを一時的にとはいえ立て直すことに成功し、外交面では日米同盟を再強化して、世界における日本の存在感を高めたことは間違いなく安倍首相の功績として歴史に残ることでしょう。

民主主義の日本で国民の支持を受けない政権が長期政権を続けることなど出来るはずもなく、また強烈なアンチの存在も人気の裏返しと考えれば、近年稀に見る存在感を持った宰相であったとも言えます。

最後はこの国難に際し、再び体調を崩されての退任となりましたが、それでも最後までお疲れ様でしたと申し上げたいです。

同時に新首相が誰になったとしても、政争にうつつを抜かすことなく、一時的であっても安倍首相が成功したようにガタガタになった経済を立て直し、長期衰退傾向にある日本を少しでも元気づけていただけることを心より願いたいと思います。
ゆっくり休んでください。。

株がガンガン下がっている。

二階さんのご発言はなんだったのか‥

ただ、日本の金融市場へ影響のある海外投資家のアベノミクス期待はそれほど高くなかったのかもなので、戻りも早いのか。

それとも政治の混沌を懸念して株価は下落かも。難しい

次を睨んでか、麻生フォームの株価が急騰。。

まずはしっかりお身体を癒してください。。
やはり根も葉もない噂というのは立たないものなんですね…。これによって政局はどう動くのか、解散は早まるのか、引き継ぎは。色々な点は気になりますが、まずは総理にお疲れ様でしたとお伝えしたい。
一つの時代の節目ですね。
年内総選挙の可能性が格段に高くなりました。
安倍首相におかれましては、体調回復に向けてゆっくりとご静養頂ければと思います。
長期政権の運営、お疲れ様でした。
経済も外交も心配です。治療しながら、副首相や官房長官が補完・代替を果たしつつ、続けられないものなのでしょうか。
ご本人が「そういうことは無理」と仰るなら別ですが、組織運営として考えると、代わりが効かないという状況を過度に作ってしまっているとすれば、問題だと思います。たとえトップが倒れても組織としての動揺が最小限になるように設計されていなければならないはず。
政策すべてを支持しているわけではもちろんないですが、あまりに人としての敬意も感謝もないコメント、報道が多く、こんな国でリーダーを務めるのはしんどかっただろうなと思います。行政の力の低下やミスも何もかもが「アベガー」でしたが、首相職というのはサンドバッグではないわけで・・。
様々な批判はあるものの、安倍政権以前の失われた20年からの経済政策、失業率の低下、長期政権による外交の安定感は頼り甲斐がありました。長期政権だからこそ未来に向けたビジョンも多く作れたという面もあるでしょう。

総理の持病である潰瘍性大腸炎は第一次安倍政権の退陣後、レミケードなどの新薬が使えるようになり安定したことから再登板に至ったと思われます。再チャレンジできる日本社会に向けてご自身で証明されたことに勇気づけられます。今回の悪化は新型コロナ対策などの体調不良がたたったのかもしれません。

結局、二度目の登板でも憲法改正できなかったこと、オリンピックを迎えられなかったことは安倍政権にとってやり残したことだったのではと思います。1年毎に国のトップが変わる日本において、稀に見る長期政権、本当にお疲れ様でした。
なんという可哀想な終わり方なのだろうか。
毀誉褒貶があるのは分かるが、
不安定な政治状況を立て直し、国民に希望を与えてくれた安倍さんの功績は、国民の一人として忘れない。まずそれを感謝したい。
次の人には、良いものを引き継ぎ、変えるべきものを変えたら良いが、まず明るさを望みたい。
NHKが第一報でしたね。そこから各社がいっせいに報じた格好です。安倍首相の動静を真っ先に報じてきた岩田明子記者が、いまもNHKに出て解説しています。

まず麻生副総理と二人きりで会談して辞任の意向を伝え、その後、二階氏に伝えた、と。病気が悪化し、コロナ対応が長期戦になるとみられるため、辞任の意向を固めたと解説しています。

なお産経では「首相は同日夕に記者会見を予定しており、今後の政局運営などについて意見を交わしたとみられる」と書いていました。
https://www.sankei.com/politics/news/200828/plt2008280014-n1.html

ポスト安倍はどうなるか。注目です。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア