新着Pick
332Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネットゲーム会社が医療に入ると、ゲームのルールが激変する。わかりやすい、安い、顧客志向になり、シンプルになる。どんどん異業種に手を広げて欲しい。競争により利益を受けるのは消費者だ。競争を制限して得するのは、既存業者のみだ。
個人ゲノム診断サービスのこの流れは止められないだろう。一方でゲノムは究極の個人情報で一生消すことはできない。コンプライアンスの徹底で悪貨を駆逐し良貨を育てられれば良いが。。
遂に家庭にもサーマルサイクラーが来るのか。スマホとかに付けて解析できるようにしたい。DNAポリメラーゼパックとかサプライで提供されんのかな?
友人が遺伝子ダイエットとかいう数十万円のメソッドを使って、遺伝子学上自分の体に合った方法を用いて劇的に痩せた。これは様々な分野で応用できそう。
唾液を送るだけで、生活習慣病や体質的な病等がわかるという。9800円からだと、かなり売れそう。
やはりというか、ニューズピックスでは肯定論が多い。たしかに、手軽に遺伝子検査をして、糖尿病などのリスクがどれくらいあるのか分かるのは魅力的だ。しかしベネッセのような個人情報漏洩のリスクが気になる。DeNAという会社を信用できるかどうかが、最初の関門になるような気がする。
タイプによって有効なトレーニングも割り出せるようになっていくのかな
MYCODE、ついにリリースか!DNAと同じくらい、同世代の女性起業家高橋 祥子さんのジーンクエストも応援してる。
https://genequest.jp/

こちらは49800円。従来のモノと比べれば十分安いんだけど、MYCODEの9800円と比較しちゃうとどうしても高く感じちゃう。

個人的に気になるのが、DNAにおける遺伝子情報の取り扱い。欧米で発展するニューロマーケティング(脳科学)ならぬ、ジーンマーケティングってのがありうると思ってるんだが、格安で遺伝子診断ができる代わりに、遺伝子情報に基づいた広告配信が出来るようになったら良い意味で怖いなって。
これやってみたいが、ベースとなっている統計がどの人種なんだろうか。DeNAのはわからないが、外資系発のサービスだと欧米人ベースの統計データでどこまで有意かわからないみたいな話があると、競合の開発会社に聞いたことがある。
本家23andMeは$99で260項目(100万SNPs)。MYCODEは29,800円で283項目(70万SNPs)。詳しく項目を見ると、胃がんだけでも複数種類見ていたりとMYCODEの方がやや粒度が細い。日本人固有のSNPsや疾患がどのくらい含まれているのかが気になる。
あと、精神系疾患をあえて外したように見受けられる。この辺も色々と議論したんだろうな。