新着Pick
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
報道が事実であれば、南シナ海でのアメリカ軍の活動を牽制するためのミサイル発射。中距離弾道ミサイルと対艦弾道ミサイルを発射して予定通りの海域に落ちたとのこと。ミサイルの種類を考えると、自国の艦船、航空機の安全にも配慮しなければならない。U2偵察機の事案に対抗して急いで発射したというよりも以前から計画していたのだろう。
アメリカ軍の発表では2発ではなく4発ですね。
機種は対艦弾道ミサイルDF26と中距離対艦ミサイルDF21Bのようです。
注目は射程4000キロの核弾頭搭載可能な中距離弾道ミサイルDF26で、弾道ミサイルですが対艦攻撃も可能と喧伝されています。
洋上への発射テストは多分今回が初めてなので、実際の弾頭の終末軌道の確認を行い、本当に対艦ミサイルとして実用に耐えるのかどうか(専門家の間ではまず命中しないという説も多い)の試験を行った可能性が高いのではないかと思います。
また今回は事前に警戒海域が設定されていたので、言われているようなU2偵察機の侵入の報復とは関係ないでしょう。
政治的な牽制の意味が込められていたのかどうかはなんとも言えませんが、グアムキラーの名の通りICBM以外ではアメリカ領内を直接攻撃できる中国唯一の攻撃兵器ですから、初の洋上試験(通常の試験は内モンゴルの演習場に着弾させることが多い)に関して相応のメッセージがあったと考えるのが妥当かと思います。
共和党党大会の最中にこういうことをやるというのはどちらかと言えばトランプに追い風になる。中国はトランプを応援している?
東でなくて南シナ海に注目、やはり次は台湾でしょう。

領土主張で牽制を本格化。人工島、軍事演習とセットであの手この手。もしミサイルを他の船に当ててきた場合の対応とエビデンスの保存を常にやるべきです。
大きな力がある国がやることではないでしょう。
中国にはハワイまでの海を手に入れるという将来展望を発表しています。
本気ですね。
党大会、警察による黒人狙撃、ハリケーンなどと様々なニュースがある中、アメリカの報道の扱いが大きくないのですが、実際にはとても大きな動き。
ヤバイな… 中国も引くに引けなくなって過激化してきてる。北朝鮮がミサイル実験をするのとはわけが違う…


中国軍は26日朝、内陸部の青海省と沿岸部の浙江省からそれぞれ中距離弾道ミサイルを1発ずつ、南シナ海に向けて発射した。
香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、「中国軍は26日朝、内陸部の青海省と沿岸部の浙江省からそれぞれ中距離弾道ミサイルを1発ずつ、南シナ海に向けて発射した」とのこと。人民解放軍が設定した飛行禁止区域に米軍のU2偵察機が同日侵入したとしており、これに対する警告と見られるそうです