新着Pick
123Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ユニクロがファッションブランドとして進化するキッカケとなったコラボレーション施策が11年ぶりに復活。

ジル・サンダー氏は鉄の女と呼ばれ、徹底的な素材へのこだわりで有名です(プラダと揉めたほど)
そのジル氏と組んだユニクロは「+J」で、それまでファッション業界人からは嫌煙されがちでしたがファッション業界人も認めるブランドに成長し、2010年代には各誌こぞって取り上げるようになりました。

つまりユニクロがファッション業界をも味方に付けた出来事が「+J」。それくらいインパクトがあったコラボレーションでした。

ユニクロのブランディングの歴史はこちらに書いています。
https://note.com/yuichiromori/n/n376c84fa15ab
こちら、速報してみました。
世界的デザイナーのジル・サンダーと、ユニクロのコラボ「+J(プラスジェイ)」は、人間の体に沿った立体的な仕立てと、無駄をそぎ落としたミニマルな美しさで、2009年秋の発売当時にも大変話題になりました。
ちょうどパリにグローバル旗艦店(オペラ座近く)をオープンする際に先行販売したのですが、パリジャン、パリジェンヌや旅行者たちが大行列をなしていて、この協業がユニクロをファッションとしても世界的ブランドに押し上げる端緒になったと記憶しています。
ジルさんの最新インタビューの抜粋もありますので、ぜひ、お時間がある際にでもお読みいただければ幸いです。
ジル・サンダー女史、女性による女性のための、タイムレスでエイジレスな服を生み出せる人。ミニマルなデザインこそごまかしが効かず、卓越したカッティングや芯の通ったマインドが必要です。ご本人の佇まい、思考、情熱、すべてを測り知ることはできませんが、若かりし頃ミラノまでショーを観に行ったあの頃が懐かしく、甘酸っぱく、多大なインスピレーションをいただいたことを思い出しました。素敵な年齢の重ね方をしていらっしゃる方。ただただ、かっこいい。着る人に、私は私でいいんだ、的な自信を与えてくれます。ユニクロとの再タッグ、買っちゃいます、きっと。
個人的にはStella McCartneyとのコラボを希望。
もちろん、父親のPaul McCartneyをリスペクトしてるからです。
+Jのジャケットまだありますよ。11年も前なのか。
おお、楽しみ!

レディースは11年前よりコンパクトめのサイズ感でお願いしたいです。(いや今は昔よりビッグシルエットになってるからいいのか?)
11年前のときはSサイズでも大きくてLサイズは長いこと店舗に残ってました…
やばい!これは激アツ!!ジル・サンダー女史とのコラボとか、10年ぶり以上前になるけど、間違いなく最強クラス。わかってらっしゃる。さすがは、UNIQLO様々ですな。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.39 兆円

業績