新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Click&Collect(店舗受け取り型EC)はアメリカのECのなかで伸びているセグメントであり、配送品質の悪い北米では、受け取り時間をユーザー側がコントロールできることもあり伸長しています。
AmazonはWalmartやTargetと比して、この受け渡しをする店舗がなかったので、今回の大手百貨店後へのフルフィルメントセンター設置の取り組みは(ユーザートラフィックのある立地への進出なので)他の大手小売にとって脅威になるのではという印象です。
良質な打ち手ですね。
ピックアップしに来る顧客の来店効果を、モール全体でも享受出来るので、格安な家賃で入れるかもしれませんね。集客効果のあるテナントは割安で入居出来ますが、それがAmazon倉庫になっていくのかもしれません。将来的には、モール内のお店で買おうと思った商品が同モール内のAmazon倉庫に在庫がありかつ安い場合、その場で注文してそのままピックアップ出来るとかになるのかもしれません。
#アメリカ の#ショッピングセンター は、すでに死んでいるものもあるし、作ったもののオープンすら出来ていないものもあります。
本来の活用法や想定の利回りではないものの、物流センターとして#アマゾン に貸し出すのは、背に腹は変えられません。
モールは、「顧客が行く場所」だった。でもECの進化もあり衰退中。
「顧客が行く場所」ということは、顧客密度が高い商圏を有しているということ。ECの倉庫となるケースもあるだろうし、あとはモールのレストラン設備をクラウドキッチンにする動きもある。
それ以外には、Walmartのように、実店舗とECのハイブリッドにしていくこともあるだろう。ただ、個店の集まりのモールの一個一個の店でECのハイブリッドは簡単ではなく(在庫管理が個店分だけ必要)、業態としてできないものも多いと思う。
アマゾンがアマゾンブックスとして出店するようなSCなのか?それとも倉庫として使うSCなのか?後者は「アマゾンされる(to be Amazoned)の象徴のようなSCでもはやSCとしての役割は終えたSCと考えるべきだろう。
もうそんなに広がっているんだと驚きます。日本よりも人口密度が低いのに72%とは。
"昨年半ばの時点で、アマゾンが米国で1日以内に配送可能な家庭の割合は、72%と推定されていた。"
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
174 兆円

業績

業績

業績