新着Pick
360Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近読んだ企業のDX事例で最も秀逸な記事でした!!

<備忘録>
AIカメラやスマートショッピングカートなどによるDXで顧客行動変化にいち早く対応し続ける九州のディスカウントスーパー、トライアルグループ。トライアルグループRetail AI社長の永田洋幸氏インタビュー。

「ユーザーは誰か」「そのユーザーをどんな状態にしたいか」を目的に定め、ユーザーの課題を解決するための手段として事業やプロダクトを用意する「プロダクトビジョン」が良い。

ソフトウェアの開発手法として「ドメイン駆動開発」を行い、「ユビキタス言語」を共通言語としてユーザーと開発者が共有できる言葉を定義して使う。

ジェフリー・ムーア氏からコンサルティングを受け、彼の著作『Zone to Win』(邦題『ゾーンマネジメント』、日経BP刊)を管理職全員が読み、使用されている単語やフレーズは、日常的に会話で用いられるほど社内に浸透。

PoC(Proof of Concept:コンセプト実証)をすばやく回すこと、レトロフィット(古い仕組みに新機能を付加して改良・効率化すること)」などの考え方やその実践も重要。
組織の共通言語の重要性を感じる。
MVV(Mission、Vision、Value)もそうだし、また同じ本を輪読すること、それらを使って日常の業務を行うこと、自社独自の言葉を作ること。言葉が単なる言葉だけでなく、そこへのイメージが合致すること、つまり紐づく具体や想起される関連事象があっているほど、景色が合う。
共通言語は、組織作り・プロセス作りそのものだと思っている。
トライアルさんの記事はたくさんあるのですが、この記事では組織のあり方について語って頂きました。
トライアルはコロナ以前、それもかなり早いタイミングからユニクロの無人レジなどで使われているRFIDの導入したりと、小売のIT化に取り組んでいた。

DX化の障害になるのは、意外にシステム選定やシステム投資よりも、働く販売員のマインドだったりオペレーションだったりする。旧態依然の小売流通業界の方だと横文字を使うだけで拒否反応を示すことも多い。消費者としての自分の生活は少なからずITによって変化しているにも関わらず。

共通言語を作ったり、学習することを体系化するなどは一見、管理型の固い企業文化を作ると思われがちであるが、実は使い方によっては、組織が柔軟に変化に対応をするうえで重要な要素だと思っている。昔でいうと良品計画のMUJIグラムなどもそれに近いものを感じる。

強い理念で手段には強い裁量を与える企業もあれば、仕組化により変化に対応する企業など、持ち合わせた企業文化の色が出る変化対応の打ち手は見ていて非常におもしろい!
服とかは分かりますが、すごく意外です。トライアルが「顧客体験を変える」ことに注力するのも正に非計画購買を取り込むことにつながるのですね。
”顧客の購買行動において、計画購買の比率は20%であり、残りの80%は非計画購買とされています。”
Premiumを無料で体験
登録・ログイン