新着Pick

キオクシアHDが10月に上場へ、時価総額3兆円超-報道

Bloomberg.com
半導体メモリー大手のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)が、10月に上場する見通しとなったと日経ビジネスが25日報じた。
192Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイミングや時価総額はまあまあだが、今の株主との関係など、課題も多く、間に合うのかな?成毛さんも天国でほっとしているだろう。

あとぜひ、中期のビジョンがほしい。
NANDだけか、DRAMはどうするか
今のNANDでいいか、MRAMや、SCMなど、多様なメモリがある。
また、他のファウンドリーもしないか。
後工程はどうする。
いずれ、追いつく、長江ストレージとの闘いは?
要は、メモリ階層ピラミッドのどこをやるか。

現在、NAND市況は微妙で、これから弱含む可能性
バリューチェーンは、ハイニクス、マイクロンだが、価総額は、マイクロンもハイニクスも6兆円前後(サムスンは30兆円超)
各社の過去のピークと直近からは、マイクロンは、ピーク:時価総額/売上2倍、時価総額/EBIT4倍、直近:夫々、2.6-3倍、20倍
ハイニクスは、ピーク:時価総額/売上1.6倍、時価総額/EBIT3.1倍、直近:夫々、2.3倍、18倍
 これを単純にあてはめると、ピーク比では、売上1.6-2倍⇒2-2.5兆円、EBIT3.1-4倍⇒2-2.5兆円、直近比、売上2.3-3倍⇒2.3~3兆円、EBIT18-20倍 ⇒3.96~4.2兆円。
 以上からは、2.5~3兆円のレンジとなり、4兆円は上限だろう。
なお、以前、東芝メモリ売却議論(時価総額2兆円で売却)当時では、2~2.5兆円と思っていた。
やはり、再生のプロが入ると復活するのですね。
しかし、ビジネスは復活しただけではダメです。
再上場したら企業を成長させていってほしいと思います。
意外に早い上場。
半導体メモリーは市況(半導体価格、マーケット)が良いときに売り逃げたほうが良い。

投資負担が重いし、せっかく投資したと思ったらメモリー価格が半分になったりしますから。
資本政策をのちほど確認しておきたい。
応援
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.28 兆円

業績