新着Pick
52Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
通算に加えて連続在任日数も最長となり、名実ともに歴代トップを飾った首相。記念すべきこの日、東京・富ケ谷の私邸から最初に向かったのは慶応大病院でした。何か暗示的なものを感じてしまいます。25日の自民党役員会や、27日の首相と党幹部らによる最長政権の「お祝い会」が相次いで中止・延期されました。自民党内からも首相の健康への言及が相次ぎ、健康不安説に拍車がかかっています。
私は首相の進退は東京オリンピックパラリンピックの開催の当否にかかっていると思います。五輪開催なら、なんとかそこまで、という流れが与党全体に出てきます。政権のレガシーづくりは大切です。しかし、開催が難しくなったら、コロナ禍を乗り越える強力内閣が必要との正論が主流になると考えます。五輪の見極めの中で政局が動くという異例の展開になるように思います。
首相と言えど医療者から見れば一人の患者。
自分の検査内容や結果などを会見で公表するなんて…誰に?何のために?
そんな質問する方もおかしいと思います。答えられなければ「健康状態に不安があるに違いない!」とか騒いで、(言葉悪くて申し訳ないですが)気持ち悪いです。
国のトップである首相が、職務執行が出来るかどうかは、公の課題ではありますが、今回のように官邸筋からリーク情報が流れてくることは、感心しません。
これが、安倍首相の求心力の低下であれば、首相周辺は真剣に考えて貰いたいですし、そうではなく、メディアと自民党関係者が揶揄しているならば、そちらには反省してスタンスを考え直してもらいたいです。

このような情報管理の体制は、海外から見ても日本政府の評価を下げるものです。
安倍首相とその周辺は、とにかく体調回復に努めて欲しいです。いずれにせよ、後継者を作ることはトップの責任でもあるので、安倍首相には、その点も真摯に受け止めて行動して、弛緩した雰囲気を一新して欲しいです。
【政治】安倍総理の健康不安について、「病気を揶揄すべきではない」という考え方には全面的に賛成なのだけど、「病気を理由に辞職を求めるべきではない」という考え方には反対である。内閣総理大臣は一介の国会議員とは異なり、内閣総理大臣は日常的に多くの決裁案件を抱え、緊急事態が起こればこれを指揮しなければならない存在である。一介の国会議員とは担っている責任が異なることを考えると、他の難病を患っている国会議員と単純比較することに意味はないと思う。

たしかに制度的には「内閣総理大臣臨時代理」を予め設けて、総理に事故ある時はその権限が委譲される仕組になっているとはいえ、それはあくまで「事務的」なものであって、「正統性」の面では非常に弱いものである。したがって、長期間の入院が必要という事態に発展するということになるのであれば「辞職せねばならない」ということになると思う。

この点については、石破茂氏が自身のブログで父の石破二朗氏の自治大臣辞職の顛末でも書いておられる。

https://newspicks.com/news/5172739

追記:
安倍総理が「潰瘍性大腸炎」を患っているというのは事実であるし、通院している慶應義塾大学病院に「炎症性腸疾患センター」があることから、「潰瘍性大腸炎」が悪化したという見方が大勢なのかもしれないけど、他の病気である可能性も否定できないと思う。個人的に気になったのは、テレビに映る安倍総理の顔色が日焼けしたように少し浅黒くなっていること。例年の夏休みのようにゴルフをしたということであれば納得がいくのだけど、今年の夏休みにゴルフはしていないはず…。
リーダーに贈る言葉「覚悟」

「目の前に多くの困難が
 横たわっていると、
 つい身をかわして他の者に
 仕事を代わってもらおう
 という気になりがちだが、
 私はそんな卑怯なやり方はごめんだ。
 自分の職務に踏みとどまって、
 義務を果たすために頑張り通す覚悟だ」
 チャーチル

オリンピック、コロナ、中朝韓などの大きな問題とつまらないカケトモや桜などで足を引っ張る人が多いが、ぜひ安倍首相には体に気をつけて頑張って欲しいと思う。
#覚悟 #困難 #卑怯 #職務 #義務 #安倍首相 #コロナ #オリンピック #中朝韓
安倍首相は月内にも記者会見に臨み、状況を説明する方向とのこと。コロナ対応に体調と大変ですね....