新着Pick
108Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
・ネットコンビニの立ち上げにおいては、コンビニ業態の難しさとしてFC側との調整(追加で発生する店頭業務をどう納得してもらうか、本当に売上増加に繋がるのか=単なる店舗客とのカニバリゼーションにならないのか)があると思います
・コンビニの圧倒的なロケーションを生かして、グループ会社のスーパー等で販売している商品もコンビニで受け取れるという世界観は、ユーザー価値という意味でポテンシャル高いと思っています(特に7&iやローソンはそれぞれグループ内にスーパーがある)
ネットコンビニとは?と思い読み始めましたが、要するにネットスーパーでした。

ということでそんなに目新しさはない。

今は人手不足の解消が出来ているが、いつまでこの状況が続くかはわからない。

ネットコンビニと言うのであれば、圧倒的短時間配送を目指して欲しいが、コストはもちろん、システム面、オペレーション的にもハードルは高い。

店頭出荷の課題は解決すべき的が多いですね。
なんとか全在庫の可視化と、店頭受け取りサービスあたりを
まずは実現させる事が、遠回りのようですが、成功への近道だと思います。
ネットコンビニとネットスーパー、そしてネット通販、さらに移動販売と、いろんな業態での販売方法が増えてきました。
ネットスーパーとネット通販では、物流ネットワークの違いによって、利便性が違います。

ネットスーパーとネットコンビニでは、何が違うのか? 

ネットスーパーでも、店内でのピッキング&パッキング業務をする場合と、物流センターでピッキング&パッキング業務をする場合があります。
ネットコンビニでも、ピッキング&パッキング業務を店内でする場合と、物流センターでする場合があると思います。
となると、違いは、お届け先への距離です。

配達密度を上げることができれば、物流効率は上がると思いますが、コンビニとスーパーでの価格差があるので、スピードを価値とするしかないでしょうね。
これは「基本の徹底」と「変化への対応」なのでしょうかね。
コンビニが持つ付加価値との相乗効果の「仮説」は、これから「検証」されることになります。
外野としては、FC店オーナーに説明されたはずの「仮説」を開示してくださればと思います。
ネットコンビニという名前のAmazon Primeですね
街じゅうのいたるところに商品がある、と考えるとネットコンビニへの優位性があるのかなと感じます。一方で、各店舗の人への負担などはどうなのかなと思いました。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
2.96 兆円

業績