新着Pick
1576Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
釣り針だとわかっていてあえて食いついちゃいますが、日本の生涯年収は、1億円位ではなく高校卒業者で平均2億6千万円、4年制大学卒業者で2億9千万円だそうです。
一方アメリカでは高校卒業者で140万ドル、4年制大学卒業者で250万ドルです。
だから正確にいえば平均なら日本人の方がお金持ちになれるのです。
さらに実際には日本はここに国民皆保険と皆年金が付加されて実質はもう少し差が開くと思われます。

一方アメリカでは高卒と大卒で2倍近い差があるので分かる通り、学歴社会でかつ実力社会でもあります。特にシリコンバレーならトップエンジニアの給料は到底日本人のエンジニアが及ぶものではありません。
CTOレベルならともかく一塊のエンジニアで年収1億は大変なもの。
あなたの力を正当に評価し、活かしてくれる経営者と巡り会えてよかったですね。
もし日米に差があるとするならば、それが何よりの差なのだろうと思います。
リスクを取れない人は、想像以上に多い。

特に高収入(日本のレベルで)を得ている人は、仕事に情熱を注げなくても、新しいチャレンジには踏み出せないでいる。

収入は減らしたくない、でもリスクは取りたくない。できれば、今の収入をキープしながら、副業として始める。

上手くいきそうなら、そちらに乗り換えると言う。そんな甘い考えでは、成功するわけがない。

スピード感もコミットメントもありません。こういう人たち、周りにいますよね。そうならないようにしましょう。
仕事へのスタンスが違いすぎる。
日本人の英語へのスタンスとビジネスへのスタンスは同じように感じる。正しく間違えがないようにする。間違えそうならしゃべらない、というスタンスと、間違えてもいいからとにかくしゃべるスタンス。それは、ビジネス開発してもミスがないようにいろいろとテスト&根回しというスタンスと、なんでも不備があってもβ版でもいいから素早くリリースというスタンス。

Uber Eatsあたりへの労働問題とかも、すべて整えろという文化ととりあえずリリースという文化とのギャップにも思える。

どちらがいいということではなく、ある環境では前者が勝るということでもあるし、別の環境では後者が勝るということだし、双方負ける環境もあるはず。とりあえず、自身がどの環境が合うかというのは、自覚しておいた方がいいかも。
製品、サービスよりも、人にコミットする。
その人の様々な経験に投資をする。

日本もいずれこのような人の重要性を認識することになる。

その為の準備と挑戦をしていけば良い。

今を比べるより、これからに期待していきたい。

おじさんも今からでも諦めないで、頑張りますから、
若い人はどんどんこの価値観の実践者になってもらいたいですね。
環境が違うのであまり直接比較することに意味はないようには思う。

日本社会にだってメリットはあるのですし、米国社会にもデメリットはある。Pros And Consがあるのを納得づくで挑戦するかどうか。

米国社会で起業するにしても、就職するにしても、勉強するにしてもいずれも簡単ではないし、今はコロナもあるし、ビザの問題もある。医療保険だとか、治安だとか、警察の問題とか、人種差別だとか、想像を絶する格差だとか、色んな問題がまだまだあるのは今年、よーくわかったでしょう。。。

米国にも良いところ悪いとこある。シリコンバレーだって、色んな矛盾を孕んでいる。家賃だけで40-45万円が毎月かかるような場所で、生き抜くには日本で言われている高年収である年収1000万円では足りないわけですよ。
必ずしも快適な場所ではない。毎日どこかでホームレス見るよ。そこらじゅうで。最近増えてる。

日本にもシリコンバレーのやり方が合っている人もたくさんいると思うし、シリコンバレーが快適だという人もいると思います。日本人は毎度毎度、英語の問題があるので、中国やインドの人たちよりも挑戦してない現状は絶対あるよね。シリコンバレーのやり方をすべてまねることはできなくてもそこへ挑戦する人の母数は増えるといいなあとは思う。
シリコンバレーの相対的地位の低下が叫ばれ始めて長く、かつコロナ禍による物理的近接性の価値が下がり始めている中でも、まだ日本との情報格差でのビジネスは成り立ちますね。エンジニアはまだ日本人もちらほらいらっしゃるようですが、経営者・起業家・投資家はほとんどいないですからね。

各論ですが、記事に出てくるLyftがUberのビジネスモデルを真似したというのは言い切れず、Lyftの前身のZimrideという会社はUberよりも先に同種のビジネスを始めていました。まさに、著者の言う、プロダクトを作り上げるスピードが重要という話に繋がるのかもしれませんが。
シリコンバレーの光と影に関して、光の部分だけに注目すればこういうことだよね…という趣旨で理解しています。
私は、個人的にシリコンバレーは、人間関係が以外にドロドロしていて足を引っ張られることに要注意だと思います。
日本って国民皆保険制度があるし、遺族年金、障害年金等も充実してますから恵まれてますね。

年収4000万で足りない世界は異常だと思います。

【抜粋】
「シリコンバレーでは年収4000万円でも中流階級」とよく言われます。
先日、シリコンバレーを拠点にCVCをされている日本企業の方が同じようなことをおっしゃっていました。スピード感、良くも悪くも一旦立ち止まって考える自分には、ドキリです。日本も失敗に対して多少?寛容になってきたような気もするし、年齢性別関係なく、情熱を注げることにはリスクを惜しまずチャレンジすべし!と、自分に言い聞かせます。
仕事のスピードの話は納得する部分が多い。しかし、シリコンバレーで成功しないと世界で勝てないっていうのは事実ではないと思う。成功する可能性が高まるだけで、他の場所でも力のある企業がたくさん生まれている。