新着Pick
239Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当然の流れですね。グーグルはソーシャルに弱く、You Tubeの動画1強を崩すリスクのあるTikTokの買収はマイクロソフトよりもよっぽどリーズナブルですね。前に進まなかったあたりは、出来上がったサービスよりもテクノロジーや早い段階での買収を好むグーグルらしいですが
マイクロソフト以外にも、TwitterやオラクルがTikTokの買収を検討しているという噂です。

オラクルに関しては、トランプ大統領も支持するような発言がありますが、市場と見方としては、オラクルよりもマイクロソフトの方がはるかに買収によるメリットを得やすいと考えています。

マイクロソフトは、オラクルと違って消費者向けのXBoxのようなビジネスも持っているため、ビジネス向けのサービスに特化するオラクルと比べてTikTokの買収の意義は高いと見方です。また、買収のためのキャッシュを考えても、マイクロソフトの方が有利でしょう。


https://www.wsj.com/articles/trump-expresses-support-for-oracle-to-buy-tiktok-11597799352
単独ではなくコンソーシアム形式での検討。
ビッグテック各社が検討する中で、Alphabetに話が行かないということはないだろうし、検討もするだろう。一方で政治的観点含めて複雑で、さらにコンソーシアム形式だと、誰が意思決定をするなどがボヤけ、失敗確率も上がるとも思う。
自社で積極的に検討をしていったというより、他社なり政府がコンソーシアム形式を考えた中での一角として検討したのでは?
参加検討してない方が不思議な案件ですよね。まさにGoogleの弱いところに強いし、携帯を伸ばしていきたいGoogleにはぴったりな案件ですよね。Googleのどちらかというと生真面目なUIではTikTokは出てこなかったのだと思いますが、ただ買収ができたとしても育てていけるのかがさらなるチャレンジですよね。
YouTubeとTikTokはシナジーありますね。

動画の使い回しが出来るのも良いし、YouTubeは本気で伸ばそうと思ったら毎回「傑作」を作る必要があるけど、TikTokはそうではない。どちらも頑張って運用しております。

※3人制バスケチームTOKYO DIMEは、プロバスケ全体(Bリーグクラブ含む)で見てもYouTubeが3位、TikTokが1位のフォロワー数です!
マイクロソフトと同様、アルファベットも名乗りを上げていたという記事を読んだ記憶があるのですが・・・大統領令の記事で。

別段、驚くことはないでしょう。

買収を検討しているのがマイクロソフトだけだったら、大統領令は「(マイクロソフトに)売却しろ」というものになって、いくらなんでも露骨過ぎますから。
マイクロソフトでもグーグルでもTikTokを正しく成長させられるところが良いですね。
TikTokは世界を制覇する力があると思っています。
マイクロソフトはスカイプを買って鳴かず飛ばずです。ZOOMにやられっぱなしです。
グーグルはYouTubeを上手に成長させたので、私はTikTokはグーグルすなわちアルファベットが良かったのではないかと思います。
データプライバシーの視点からはビジネスモデルにプライバシーリスクのある両社が一緒になるのは、あまりシナジーで収益が伸びるようには思えず訴訟やプライバシー対策コストがかむだけではないかと思います。

FacebookのID統合の問題含め、より多くの個人データを保有する事が必ずしもビジネス上正しい選択ではなりつつあります。
そりゃいくよね。Microsoftよりもシナジーは遥かに大きい
アルファベットが検討するのは自然の流れ。GOOGLE+、私使ってたのですが、あれはGoogleにとっての失敗だったので。SNSを強化する意味で、ティックトックを獲得したいと思うのは自然です。傘下のYoutubeも15秒のマルチセグメントビデオ機能をテストするなどティックトック対策を講じているようですが、ティックトックは圧倒的に強い。シナジーから考えたら、MSは完全なる補完関係が築ける。MSが買収する流れがもっとも可能性が強いと思いますが、あとは地域をどこまで広げて獲得するかなのかなとみています。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
205 兆円

業績