新着Pick
112Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昔の職場でフライトシムをやり込んでいた先輩が、「今日はホノルル飛んできた」というので離着陸だけでしょと聞いたら往復全部実際と同じ時間操縦していて仰天した記憶があります(食事も自動操縦させつつ買ってきたお弁当を膝の上で食べて、「クルーミール」などとのたまう徹底ぶり)。ゲームのやりすぎには注意してね、と言ったら「Operations Manualにある乗務時間制限は超過していないからOK」、しまいには「今日は宮崎飛ばないと路線資格がなくなる」などと言い出したため病院に連れて行くべきか悩んだ時期がありました。
フライトシムは、パイロットごっこができるのには違いありませんが、記事の筆者さんのようにのんびり空からの眺めを楽しみたいという用途には、ちょっと向かないかもしれません。パイロットの世界に両足どっぷり浸かりたい人向けのゲームとなっています。

私はといえば、操縦を覚えるのは面倒(失礼!)なのでYoutubeで実際の映像を見ることが多いですね。行ったことがない空港の航空用の図面と映像を見比べて、どんな気流になっているのか、どんなクセのある空港なのか、どんな運航に気を使っているのか、ということを考えるとなかなか楽しいです。先日はブータンの空港について少し勉強しました。ちょっとした旅行気分で楽しかったです。
お勧めは,「翼よ、あれがパリの灯だ」
リンドバーグのニューヨーク・パリ間を実時間で飛行することです.大学生の頃やったけど挫折した.

うちの研究室に来たら,ほぼリアルコックピットで操縦できますよ.
フライトシミュレータは昔から欲しく欲しくて仕方ないソフトだったが、入手するとめんどくさすぎてぜんぜんPlayしない。でも新しいバージョンが出るとやっぱり欲しくなるというシロモノ。この記事でそのことを追体験したけど、やっぱり欲しい!
リアルさの追求と、誰でも楽しめるのバランスの難しさ。
飛行機を操縦するという専門性と、ハード・ネットスペックという環境面の両方で、誰もが簡単に楽しめるタイプのものではないと思う(そして沼に入るべきか悩み中…しばらくはYoutubeなどに上がっている動画でおなか一杯楽しめそう…悩み中が一番楽しかったりする)。
素敵だ、素敵すぎる。
さすがである。昔もとんでもない量の
フロッピーディスクを入れた事を
良く覚えている。
ここまで出来るなら、シュミレータ部屋が
必要な感じである。
ありがとうマイクロソフト。
最高ですね!ロジテックのフライトヨークが欲しいのですが、軒並み売り切れですね、、、
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。 ウィキペディア
時価総額
175 兆円

業績