新着Pick
180Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「安く診療を受けられる」「いつでもすぐ診療を受けられる」「質の高い診療が受けられる」

国民はこの3つのうち2つは自由に求められるが、3つを全て求めることはできないとする、いわゆる「オレゴンルール」が見直される良い機会かもしれません。

日本の医療は、医療者の努力や赤字体質、不要な医療機関アクセスなどでこの3つを同時に維持してきました。ただし、その背景に歪みがあったことも否定しえません。コロナウイルスは、ここの歪みを炙り出してくれたとも言えるかもしれません。
医療というインフラを守るためには経営支援ももちろん必要ですが、

不要な受診も一部あり、それも医療費として税金が費やされていたのもまた事実で、病院集約化などの議論のきっかけとなればと思います。
そもそも受診が不要な高齢者が、(医師の「来週来てください」という指示に基づいて)不要な受診と投薬を行っていたのです。

この程度の減少であれば、多くの開業医はずいぶん「営業努力」をしている方だと思います。

過剰診療・過剰投薬が自然淘汰されたのですから、素晴らしいことだと思いますが…。
受診の遅れが手遅れになるケースは別として、「不要不急」の受診がコロナであぶり出されたのであれば、むしろ好ましい面もある。

個人としての医師は経済的な立場は相対的に弱くないし、医療機関の経営は医師自身の判断によるものでしょう。政府による「支援」は、困窮した個人を対象に漏れなく行うべきであって、経営体に対する支援であるべきではない。融資の支援くらいはあっていいかも知れませんが、民間金融機関が貸せない案件に政府がリスクを取るのは、一種の「贈与」です。「医療機関への経営支援」の正当性・必要性は疑わしい。
病院経営が厳しくなる→従事者が転職を考える
人手不足な介護業界、地域医療、自費事業などへ動くでしょうか。
専門職は持っている専門性を発揮できる場を求めるものです。でも、専門性が高い分、保険の範囲内か高級自費路線に限られてくる。いかに事業化できるか。マッチングが大事になってくるということでしょうか。
専門職のシェアリングは進んでいきそうですね。それも手を動かす専門性と頭を動かす専門性に分化していきそう。
ちょっと話が逸れるかもしれませんが、コロナを契機に、オンライン予約を導入する医療機関や、それを利用する患者が増えたように思います。振り返ってみれば我が家ではこの半年、歯科、耳鼻科、眼科、小児科などを、いずれもオンラインで予約してから通院しています。待ち人数をリアルタイムでサイトに載せる医療機関もあります。待合室での密も避けられますし、通院時間も短縮できますので、利用者からすると助かっています。

加えて、今後オンライン診療がもっと拡大することを願っています。たとえば、我が家もそうですが、アトピーなどのアレルギーを持つ子供がいる場合、受診しないわけにはいかないので、オンラインで診断をしていただける医療機関が増えれば非常に助かります。
横山さんがデータをピックしてくれています。
これを見ると小児科で特に減少率が大きいようです。
小児科の開業医は、かなりハードでなり手不足とも聞いていました。
一方で、一定の年齢以下の子供の医療費は自己負担額を市区町村が負担して、無料の為、本来なら市販の薬で間に合うような軽症でも医師に診てもらう過剰通院も問題でした。

もしかしたら、今の通院患者がかなり適正値の可能性もあります。

今しばらくしたら、適正なバランスに収まることも期待できるのではないでしょうか?
要は、病院は敷居が高過ぎず、低過ぎずが良いわけです。
高齢者に関しては、イギリスのようなかかりつけ医制度のようなものがあれば良いと思います。
実際に必要なのに受診しない人と、実際には漫然と処方を受けていたりしただけで特に受診の必要がなかった人と、どれくらいのバランスなのだろう。データはないかもしれませんが。

単純に感染症を意識して様々な予防をしている影響で感冒・夏風邪が流行していないというのも受診が減っている一因でしょうね、特に小児科は。
医療従事者の幸せをしっかりと考えたい。
新型コロナは死亡率が低いので(肺炎の100分の1、インフルエンザの10分の1)感染を恐れる必要は無い

みんなが感染を恐れる理由はマスコミにさらされて叩かれるから

諸悪の根源はマスコミ

厚生労働省も一回2万円もする検査を乱発して無症状者を発掘するのは税金の無駄なので新型コロナを指定感染症から外して検査を有症状者だけに限定するべきだ
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア