新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
単に日常会話で進化と進歩を似たような意味で使っているだけで、「ダーウィンの進化論を誤解」とは、なかなか世間を誤解しているような

脳が大きい方が進化してるなら、脳が7キロあるマッコウクジラが最高。
一方、脳がなく動物でも植物でもないモジホコリは、集団として高い計算能力や学習能力を持つ。

結局人間の勝手な捉え方というだけで、生物の世界だのというのも勝手な考え方。

我が家では蛇を飼育していますが、蛇は持っていた手足がなくなり、細くなるために一方(多くの場合左)の肺がなくなっているなど、非常に洗練された身体になっています。普段は水を飲むだけで、餌は月に1〜2回。さらにうちで飼っている種は一年のうち半分以上は絶食状態にあるので、殆ど食べません。それでも外に出してやると、楽しそう?に部屋の中を散歩(歩けないが)しています。

彼を観ていると、ビジネスだアートだ教養だのとあくせくし、変化し続けている人間の方がよほど劣っているなと思ったりします。
「もし「脳が大きくなること」が進歩だとしたら、ネアンデルタール人の方が私たちよりも脳は大きかったわけです。また、ホモ・サピエンスのなかでも、1万年前のホモ・サピエンスのほうが脳は大きい。むしろ、現在は小さくなっているんです」

狩猟採取時代と比べて運動能力や危機管理能力、状況判断能力は間違いなく落ちているでしょうね。また、文字の発明で記憶する能力も格段に落ちたようです。そういえば昔は電話番号をたくさん暗記していましたが、今は自分の家族の番号もおぼつかないです・・・

社会が発達して便利になっていく過程で人間はいろいろなものを失っていったのかもしれません。