新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(同内容の別記事に書いたものと同じですが…)
見逃されがちだが、日本のスペイン風邪第二波は、欧州では終息した後にやって来た。少し詳しく見てみると、100年前のスペイン風邪の時、フランスに第一波が来たのは、1918年4月であった。それが夏に収まったと思った直後、その年の秋(9月から11月)に強烈な第二波がやって来たのだ。スペイン風邪によってフランス国内で40万人以上の死者が出たのだが、最も多くの死者が出たのは、この1918年秋に始まる第二波のときであった。その後、1919年が明けた春に軽い第三波があり、1919年の夏、ようやくスペイン風邪禍が終息した。
時期的に見た場合、フランスを第二波が襲った頃が、日本の第一派期に重なる。1918年秋に始まる日本の第一波では、致死率は1%台だったものの、死者の絶対数は25万7000人を超えていた。そして、ヨーロッパでは本格流行が終息した後の1919年冬に、日本の第二波が始まる。このときは、致死率が5%を超えた一方、死者の絶対数は約半分の12万人台に減った。

1918春      欧州第一波
1918秋      欧州第二波 日本第一波開始
1919初頭〜春   欧州第三波 日本第一波継続中
1919夏      欧州終息
1919冬〜1920春 日本第二波 
1920冬〜1921春 日本第三波(死者三千数百人)
この事務局長は今年の春までは全く職務を忘れたようでしたが
春先以降は、米国の経済的圧力のおかげもあって
職務を思い出し政治的バイアスがかかってないような発表をしていただくようになりました。
元々、WHOのスタッフは優秀な方が多いと思います(個人的にはFactfullnessの著者ハンス・ロスリングの様な方が多くいらっしゃるイメージです)
世界的な流行の収束ということであれば、日本の状況を鑑みても2年という目安控えめに見ても妥当ではないのでしょうか?

>>世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は21日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が2年未満に収束するのを期待すると述べた。
WHOのテドロス事務局長は、新型コロナウイルスのパンデミックが2年未満に収束するのを期待すると述べたとのこと。
2年は...長いような気がしますね
なぜ2年未満なのかと言うと2022年に北京冬季オリンピックが開催されるから

https://twitter.com/search?q=%E5%8F%8E%E6%9D%9F%E5%8F%AF%E8%83%BD&src=trend_click

実際は北半球はアメリカを除いて既に収束している
https://ourworldindata.org/grapher/daily-covid-deaths-per-million-7-day-average?country=CAN~DEU~ITA~JPN~SWE~GBR~USA~BEL

南半球は今がピークでこれから収束に向かうだろう
https://ourworldindata.org/grapher/daily-covid-deaths-per-million-7-day-average?country=AUS~ZAF~BRA~ARG~BOL~PRY~NAM