新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
資料作りそのものを否定するつもりは無いですが、資料作りが目的化していないかというチェックは大事ですね。
どの様な組織でも資料は氷山の一角で、出張や駐在員など、コロナの影響でステイホームが進めば元々不要だった無駄が炙り出されて自動的にコスト削減につながる部分もあると思います。
情報共有の方法や会議の運営などは効率化の余地が多いと思います。
生産性を高めるためにも、以前からの商慣習となっているような仕事の見直しや効率化を進める意識は必要です。

常務時代の「居眠り伝説」、豪快で面白い。
「「できない仕事」は「要らない仕事」だった」
「常務時代の「居眠り伝説」」
「会議資料の右肩に枠を作って、そこに資料を作るのにいくらかかったか書け」
いろいろ面白かったです。資料作成時にいくらかかったか記入するってぞくっとしますね。でもとても大事な視点だと思います。銀行のように書類作成業務が多いところは意識するとかなり変わりそうです。
株式会社文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう、英語: Bungeishunju Ltd.)は、日本の出版社。東京都千代田区紀尾井町に本社を置く。 ウィキペディア
株式会社三井住友フィナンシャルグループ(みついすみともフィナンシャルグループ、英語: Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc.)は、三井住友銀行(SMBC、都市銀行)、三井住友ファイナンス&リース 、SMBC信託銀行 、三井住友カード(クレジットカード会社)、日本総合研究所、SMBC日興証券を傘下に置く金融持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.97 兆円

業績