新着Pick
291Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バノン氏は、元々こういう生き方をしていた人です。つまり、カタギの仕事にはつかず、政治活動に奔走し、かといって地盤もカンバンもないので、各地をドサ周りしては小さな講演会のような政治興行を開き、寄付を募る、という人生を送ってきました。草莽の志士というと格好いいですが、俗に政治ゴロとも呼ばれる人たちです。政治の世界にはそういう草の根でカツカツの活動をしている人たちがだいたいどこにでもいます。『路傍の石』の主人公の父親みたいな人たちです。怪文書やスキャンダル捏造などの実行部隊として雇われることも多く、バノン氏もそういう活動を請け負う小さなネットメディア会社などをつくっては倒産する、という前半生でした。
 バノン氏は、そういう人たちの中では才覚があったのでしょう。短期間とはいえ、ひと花咲かせることに成功しました。失脚したとはいえ、一度は地位と知名度を得たので、活動は大規模に、国際的になりました。最近は、ヨーロッパで陰謀論や反移民を掲げる政治運動のアドヴァイザーのようなこともしていました。
 バノン氏が逮捕されたのは、米国に亡命した中国人実業家、郭文貴氏のクルーザーの上でした。郭文貴氏は、中国で財を成したものの、中国共産党批判を繰り広げて米国に逃れている人物です。最近のバノン氏の主要なパートナーかつスポンサーです。今年6月には、新国家「親中国連邦」の建国を宣言し、自分が正統な中国政府であると名乗っています。
 バノン氏の容疑は詐欺罪で、メキシコとの国境に壁を建てる、という名目で寄付を募りながら、個人的な用途(ゴルフカート、整形手術、等々)に流用したというものです。
 検察が、バノン氏を他の容疑でも起訴する可能性があります。その場合、司法取引のためにバノン氏が自白する、ということも含めて、トランプ大統領にダメージとなる新事実が出てくる可能性もあります。それを避けるためにトランプ大統領が取りうる選択肢として、バノン氏を恩赦するという方法があります。もちろん、トランプ大統領に好意的でない人には、非常にイメージが良くない選択ではありますが。
民主党の副大統領候補のハリス氏は、確か検事でしたよね~。

米国の地方検事や州の検事総長は、判事同様選挙で選ばれるという民主的基盤を持っているので絶大な影響力を持っています。

ハリス氏から本件が公にされたとすれば、民主党側の先手と言っていいでしょう。

いやいや、今回の大統領選挙は面白くなるかも知れません。

トランプ大統領も黙ってはいないでしょうし・・・。
トランプ大統領の元首席戦略官(解任したとはいえ重要ポストを務めた人物)が、目玉政策である「国境の壁」に絡んでクラウドファンディングで集めた資金を私的利用したというのが事実であれば、他の先進国であれば、致命的なスキャンダルだが、トランプ支持者はどういう反応をするのであろうか。

トランプ支持者は「選挙前の陰謀」と主張するかもしれない。

選挙がらみで米ニューヨークの連邦地検が強引なことをしていない。
そし、明確な証拠があると信じたい。
(ちなみに、共同通信配信では金額が書かれていないが、
アメリカのニュースでは、詐取した金額は数十万ドルと報じている。)
「トランプ支持者の壁建設の想いを裏切った」のか、「NYの連邦検察官や左派の陰謀」なのか、今後、双方が自分側の情報を広げるのは必至。そうなると分極化の中、「真実はどこにあるのか」という既にパターン化している展開に。
ニューヨーク州、ニューヨーク市は元々民主党の基盤です。
そこを拠点に、バノン氏らが、詐欺行為を働いていたとしたら、それなりの証拠を固めて逮捕のタイミングを図っていたのでしょうか?民主党党大会が終われば、次は共和党大会ですから。

これから大統領選挙が本格化しますが、元々えげつない言動をするのはトランプ氏です。これは、かなりタフな闘いになりそうです。
トランプ大統領の元最側近のスティーブ・バノンが国境の壁建設クラファンで集めた金の一部を個人的に流用していた容疑で逮捕。本当なら大打撃。一方、米ニューヨークの連邦地検が動いたため民主党の陰謀との声も。11月の大統領選までまだまだ色んなことがありそう
まさかですが、少し前までホワイトハウスの人としてニュースに出て来ていたトランプ大統領の元首席戦略官スティーブン・バノン容疑者が逮捕されたとのこと。容疑は「メキシコ国境地帯の「国境の壁」建設のため民間から募った資金をだまし取った」とのこと。
選挙を前にしたトランプ大統領にとって大きな打撃になるかもしれない。
【国際】記事を読む限りではニューヨークの連邦地検に逮捕されたとのことだから、今回の「詐欺容疑」の根拠法は連邦法ということなのかな?

先日民主党の副大統領候補に指名されたカマラ・ハリス氏の経歴にカリフォルニア州検事やカリフォルニア州司法長官がかることをもって、今回のバノン氏逮捕がハリス氏から情報がもたらされたかのようなコメントが見られるけど、カマラ氏はあくまで「カリフォルニア州」の検事や司法長官であっただけで、「連邦地方検察庁」の出身ではないので関係性は薄いように思う。アメリカの連邦法や刑事司法制度に熟知された方のコメントを読みたい。
まぁ逮捕したのがニューヨークの連邦地検だから、若干割り引いて考える必要はあるが、影響の大きさを考えると証拠・証言のどちらかをしっかり抑えているのでしょう。壁の建設なんかに寄付するバカはカモられても仕方ないのでは