新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アリババが凄まじい好決算。全てが良かった。四半期の営業利益で5000億円以上出るようになったのか。凄まじいな


売上高が前年同期比34%増の1537億5100万元(約2兆3500億円)、営業利益が42%増の347億500万元と、大幅な増収増益。クラウド事業は59%増。アリババが33%株を持つ金融関連会社アント・グループの1-3月利益はほぼ6倍増の13億ドル(約1380億円)だった。
新型コロナの感染拡大でリアルの消費が落ち込む中、ネット系企業の多くがコロナを逆手に業績を伸ばしています。

これは中国国内でのパイの奪い合いであり、同業との競争が激化する中、「国際化」がアリババなど中国を代表するネット企業の次のミッションとなります。

ネット大手企業は、好業績を背景に雇用を拡大させていますが、国際化を見据えた人材確保も念頭にあるのだと思います。
ソフトバンクが4.5兆円の資産を売却するときアリババを温存した理由はこれですね。まだまだ伸びていくのでしょう。
1-3月は前年同期比の増収率が低下しましたが、4-6月は盛り返しました。クラウドの増収率も高いですが赤字継続。全社収益を本業のコア・コマースが牽引する従来通りの構図が続きます。プロモーションをおさえ、ロジをおさえて、どこまで収益を伸ばすのか。
アリババがかなりの好決算。アリババの株式価値が多くを占めるSBGの株式価値もまた上がりそう。
クラウドも59%の伸びとのことが気になりますが、もう米中分断により、欧米、日本市場においてアリババクラウドが席巻することはないでしょう。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績