新着Pick
323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本来であれば、この酷暑の中、オリンピックとパラリンピックが行われていました。
アスリートたちはその日に向かって「暑熱対策」をしています。そもそも、過度な暑さがパフォーマンスを低下させることは知られていて、適切な水分補給をする、腸内温度を下げる、暑さになれる、おおきくこの三つに取り組んでいるわけです。

今回はそのヒントを。
最後は自分を知ることに通じていきますが、温暖化と新型コロナのようなパンデミックが起こりうる現代、本気で取り組む必要があると思います。

本稿では触れませんでしたが、働く環境にもご注意を。
昔は水分補給なんて考えたことありませんでしたが、今ではコーチに指導されて季節に関係なく1日に3リットルのミネラルウォーターを飲んでいます。もっとも、猛暑の東京なので夏はさらに増えています。

自分のベスト体重は18歳のときからずっと変わっていません。さすがに体重が減るほどの脱水症状にはなりません。

深部体温を下げる方法は最近アスリートの間でも浸透してきていますね。パフォーマンスが大きく変わるようです。
この季節は水分補給をしないと身体のダメージが深刻になります。短い練習の場合は冬であれば、水分補給なしで駆け抜けることができますが、今は水分補給がないと身体がダメージを負います。

練習が2回ある場合でサウナも行ったりすると一日に10リットル弱はとっているときがあるほどです。日に10リットルが入れ替わると思うと不思議です。

僕の水分補給方法は取りすぎたら、汗や尿で出るので、水分をとにかくとることです。代謝も上がって調子がいいです。
水分補給と言っても水ばっかり飲んでいると塩分濃度が下がり身体が違う意味で危険になるため、塩水や経口補水液を摂るようにしています。
大切なのは分かりましたが、結構実践するのは結構大変そうですね…。笑
とりあえず、3食キチンと、あたりくらいはトライしてみたいと思います。
記事の終盤で書かれているアイススラリーはおすすめです。水分補給とは目的が異なり、身体の深部の温度を予め下げることで、体温上昇を抑制するために行います。

あと自己流ですが、暑い日は魔法瓶に氷菓子を入れて持ち歩いたりしています。