新着Pick
1675Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何度か読み返している本の一つです。
私がGoogleで学んだことの多くは、ビル・キャンベルの教えだったんだと思い知らされます。
歳を重ねても素直さは大事にしたいですね。年下のメンターをもつ経営者もいますが、素直に学び続けるということは実は結構難しいし、そういう人は昔からあまり変わっていないと聞きます。
何歳になっても、コーチャブルでありたい。

利口ぶって、素直じゃない人は、思考停止かつ成長停止と言ってもいいかもしれない。

いつも頭と心が柔軟なコーチャブルな状態で、学びの機会を逃さないようにしたいものです。
研修医の指導をすること(自分もまだ一応研修医ですが)が多くありますが、利口ぶる研修医と、謙虚で真摯である研修医よくお会いする機会があります。学歴はあまり関係なく、この記事の様に、伸びる研修医は素直で、真摯、かつ謙虚コーチャブルな研修医です。
 しかし自分の前では素直に見えても、他職種(看護師やリハビリスタッフ、掃除スタッフなど)に対して横柄であったりする光景も目にすることがあります。多職種からも真摯に学ぼうとする研修医は少ないですが、多職種からの学びを報告してくれる研修医は積極的に今後も一緒に働きたいと勧誘しています。
今後は後輩からも多くを学ぶ世代になってきたので、自分も真摯な態度で、いつもStay foolish かつCoachableでありたいと思います。
そうですよね。
遠隔で仕事する相手とか、素直じゃないやつに分かってもらうために自分の時間使うのなんて、もう今後は特に取るべきではないですね。
過去の反省も含めて実際にそうだと感じます。コーチングは万能ではない。
とあるメディアの記事にはいろんなコメントがつきます。肯定、同意、共感、批判、反感、否定… 建設的なものもあれば、そうでないものも。たまに記事を書いた人が付いたコメントに直接反応したり、スルーしたり…なんてことも起こります。

そして、その後、面白いことが起こります。

同じ方が書いた記事が、明らかにコメントや反応を踏まえて変化していく場合、と、全く変化しない場合、があります。

この記事を読んで、ふと、その変化の有無を思い出しました。
毎度のことながら、この手の記事は、記事そのものも去ることながら、コメント欄がとても勉強になります。

業績